最新記事

演説

アマル・クルーニー、ISISの裁きを国連に訴え 「第二のルワンダにしないで」

2017年3月15日(水)17時15分
松丸さとみ

脅迫は今も続く

クルーニー氏はまた演説の中で、ナディアさんの家族が今もISISに拘束されており、ナディアさん自身もISISから脅されている恐怖を明らかにした。ISIS戦闘員は自分たちの電話番号を隠しもせずに、ナディアさんに脅しをかけるメールを直接送ってくるのだという。クルーニー氏は、誰も捜査していないと分かっているからこそこのような行動に出ていると指摘している。

またデイリーメールによると、ナディアさん自身もこの日国連でインタビューに応じ、何カ月も身柄を拘束されレイプされ続けた悲惨な体験を語った。さらに、昨年親善大使に就任したことで自らの家族を危険にさらし、ISISに脅かされ続けていると告白。ISISに裁きを受けさせるために「なぜここまで長くかかっているのか理解できない」と訴えた。

大虐殺の悲劇を繰り返すな

クルーニー氏は演説で、国連が設立されたのはナチスが犯した罪を2度と繰り返さないためだったにもかかわらず、今まさに起こっているジェノサイドに対して何もしていないと指摘。国連がほぼ何もできなかったルワンダを繰り返してはいけない、ジェノサイドを犯したISISをそのまま逃してはいけない、と呼びかけて演説を終えた。

ルワンダ虐殺は、1994年4月7日に始まった。このため国連はこの日を、「ルワンダにおけるジェノサイドを考える国際デー」と定めている。今年のこの記念日まであと1カ月足らず。クルーニー氏の声は、アバディ首相やその他世界の指導者たちの心に届くのだろうか。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    【韓国経済データ】対日輸出動向(2019年1~8月)

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 5

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 9

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 10

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月