最新記事

米大統領

親馬鹿トランプ、イバンカをかばい「利益相反」体質さらす

2017年2月9日(木)15時43分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

パパはアメリカ大統領、夫は大統領上級顧問のイバンカ Kevin Lamarque-REUTERS

納税証明書も出さない、自分の会社も経営を息子たちに任せただけで売却しない──大統領選の最中から懸念されてきたドナルド・トランプの「利益相反」問題が、こんなにわかりやすい形で表沙汰になるなんて、誰が想像しただろう。

【参考記事】トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

トランプの長女イバンカがプロデュースするファッション・ブランド「イバンカ・トランプ」の取り扱いを米百貨店ノードストロームが止めたことについて、「不公平だ」とツイートしたのだ。「ノードストロームは娘のイバンカを不公平に扱っている。彼女は素晴らしい人間だ。私が正しい行いをするよう常に背中を押してくれる。ひどい話だ!」

娘がよほどかわいいのだろう。最初プライベートのツイッターアカウントからこのツイートを出した後、大統領専用のツイッターアカウントでさらにリツイートした。

ノードストロームは先週、「イバンカ」製品の取り扱い中止を発表した際、理由は売り上げが落ちたからだと説明していた。ロイターに語ったところでは、「イバンカ」製品の売り上げは1年ほど前から減りはじめ、この半年では急減していたという。

トランプ最強のディフェンダー、ショーン・スパイサー報道官は「大統領には自分の娘を守る権利がある」と語った。そしてノードストロームの決定は政治的な動機に基づくものだと言った。

【参考記事】サタデー・ナイト・ライブに「スパイサー報道官」が笑劇デビュー!

英フィナンシャル・タイムズ紙によると、トランプの名がつく製品をボイコットする #GrabYourWallet という運動があるのは事実。だがノードストロームは、純粋にビジネス上の決定だという。高級百貨店のニーマン・マーカスなど他の小売店でもイバンカ・ブランドの取り扱いを止めたところがある。

イバンカはトランプの長女。大統領上級顧問に就任した夫ジャレド・クシュナーとともにトランプの実質的なブレーンを務めるといわれる。元モデルで3人の子供を育てながら経営者やファーストレディーの代わりも果たすなど日本の一部にもファンが多い。

【参考記事】ファーストレディーは才女イヴァンカ?

だが、イバンカ・ブランドを捨てたノードストロームの株価は、ロイターによると、3.7%上昇した。トランプの圧力に対する最初の勝利、だろうか。

ニュース速報

ワールド

出入国時の顔認証義務付け、トランプ米政権が導入見送

ワールド

米大統領選、民主党ウォーレン氏の支持低下 8月以来

ビジネス

イタリア、独自の欧州銀行同盟案を提示へ=経済・財務

ビジネス

OPEC、日量50万バレル減産拡大で合意 拡大会合

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 4

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 5

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 6

    鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

  • 7

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 10

    人間はネコの表情を読み取れるか? あなたも試せる..…

  • 1

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 2

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

  • 5

    「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月