最新記事

米大統領

親馬鹿トランプ、イバンカをかばい「利益相反」体質さらす

2017年2月9日(木)15時43分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

パパはアメリカ大統領、夫は大統領上級顧問のイバンカ Kevin Lamarque-REUTERS

納税証明書も出さない、自分の会社も経営を息子たちに任せただけで売却しない──大統領選の最中から懸念されてきたドナルド・トランプの「利益相反」問題が、こんなにわかりやすい形で表沙汰になるなんて、誰が想像しただろう。

【参考記事】トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

トランプの長女イバンカがプロデュースするファッション・ブランド「イバンカ・トランプ」の取り扱いを米百貨店ノードストロームが止めたことについて、「不公平だ」とツイートしたのだ。「ノードストロームは娘のイバンカを不公平に扱っている。彼女は素晴らしい人間だ。私が正しい行いをするよう常に背中を押してくれる。ひどい話だ!」

娘がよほどかわいいのだろう。最初プライベートのツイッターアカウントからこのツイートを出した後、大統領専用のツイッターアカウントでさらにリツイートした。

ノードストロームは先週、「イバンカ」製品の取り扱い中止を発表した際、理由は売り上げが落ちたからだと説明していた。ロイターに語ったところでは、「イバンカ」製品の売り上げは1年ほど前から減りはじめ、この半年では急減していたという。

トランプ最強のディフェンダー、ショーン・スパイサー報道官は「大統領には自分の娘を守る権利がある」と語った。そしてノードストロームの決定は政治的な動機に基づくものだと言った。

【参考記事】サタデー・ナイト・ライブに「スパイサー報道官」が笑劇デビュー!

英フィナンシャル・タイムズ紙によると、トランプの名がつく製品をボイコットする #GrabYourWallet という運動があるのは事実。だがノードストロームは、純粋にビジネス上の決定だという。高級百貨店のニーマン・マーカスなど他の小売店でもイバンカ・ブランドの取り扱いを止めたところがある。

イバンカはトランプの長女。大統領上級顧問に就任した夫ジャレド・クシュナーとともにトランプの実質的なブレーンを務めるといわれる。元モデルで3人の子供を育てながら経営者やファーストレディーの代わりも果たすなど日本の一部にもファンが多い。

【参考記事】ファーストレディーは才女イヴァンカ?

だが、イバンカ・ブランドを捨てたノードストロームの株価は、ロイターによると、3.7%上昇した。トランプの圧力に対する最初の勝利、だろうか。

ニュース速報

ワールド

米FDA、ファイザーのワクチン接種対象年齢を12歳

ワールド

バイデン氏、適切な職あれば「働いて」 失業者に呼び

ビジネス

ドル2カ月半ぶり安値、インフレ観測が重し=NY市場

ビジネス

米国株はナスダック大幅安、インフレ懸念でグロース株

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月