最新記事

2016米大統領選

クリントン「敗因はFBIのメール問題再捜査」支援者らに語る

2016年11月14日(月)11時15分

11月12日、米大統領選の民主党候補だったヒラリー・クリントン前国務長官は、選挙戦終盤に米FBIのコミー長官が国務長官時代の私用メール問題を蒸し返したことが敗因との考えを示した。ニューヨークで9日撮影(2016年 ロイター/BRIAN SNYDER)

 米大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏に敗れた民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官は12日、選挙資金提供者との電話会議で、選挙戦終盤に米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が国務長官時代の私用メール問題を蒸し返したことが敗因との考えを示した。会議に参加した2人が明らかにした。

 8日の大統領選では、事前の世論調査のほぼすべてがクリントン氏の勝利を予想していた。

 関係者によると、同氏は12日の電話会議で、自身の陣営が選挙当日までの世論調査結果の推移を分析したところ、コミー長官がメール問題の再捜査を公表した10月28日付の議会宛て書簡が世論の転換点になっていたことが分かったと説明。再捜査の公表を契機に、ウィスコンシン州など中西部北部での支持が減ったと述べた。

 コミー長官は選挙直前の6日になって、再捜査の結果、クリントン氏を訴追しない方針を表明したが、クリントン氏はすでに政治的なダメージを受けていた。

 ウィスコンシン州は1984年の大統領選で共和党候補が勝利した後は民主党候補が制してきたが、クリントン氏はここで敗北。1988年の選挙後は民主党が制してきたミシガン州はまだ集計作業が続いているが、共和党が優勢とされている。

 クリントン氏は電話会議で、トランプ氏がコミー長官の発表を攻撃材料に利用したと語ったという。

 クリントン陣営は、選挙直前の1週間で支持候補を決めた有権者はクリントン氏よりもトランプ氏に投票した可能性が高いと分析した。

[ニューヨーク/ワシントン 12日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

豪、ミャンマーとの防衛協力を停止 少数民族に人道支

ワールド

米大学内の孔子学院、上院が管理強化に向けた法案可決

ワールド

中国、海外の自国民にコロナワクチン接種を計画 五輪

ワールド

谷脇総務審議官を大臣官房付に異動、深くおわび=接待

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月