最新記事

仮想通貨

ビットコインを入手する5つの方法まとめ

2016年11月25日(金)15時30分
コインポータル

David Gray-REUTERS

 ビットコインに興味が出たけど、どこでどうやって手に入れるの? まったく初めての人でも、簡単・安全に購入できるの? 初心者が最初にぶつかる、ビットコインの入手方法にまつわる疑問についてまとめてみた。

 現在、日本国内でビットコインを入手する方法はいくつかある。それぞれの具体的な方法と、注意するポイントを簡単に整理する。

 ・ビットコインの取引所で購入する
 ・ビットコインのATMで購入する
 ・人からもらう(ピア・トゥー・ピア)
 ・ゲームなどで無料で手に入れる
 ・マイニング(採掘)で報酬として手に入れる

国内のビットコイン取引所

 現在、日本にはいくつかの仮想通貨取引所が存在する。銀行から送金して証券口座に預金するように、まずは取引所に自分の口座を開設し、自分のビットコインの口座に日本円を入金することでビットコインを売買できるようになる。これがもっとも一般的で、また簡単なビットコインの入手方法といえるだろう。

 売買の価格は、為替と同じようにそのときのレートで決まる。ビットコインは為替と同様に24時間365日値動きしているため、取引所でビットコインを取引するときにも口座に資産があれば基本的にいつでも行うことができる。

 取引できる量は、それぞれの取引所によって、また取引所に渡す個人情報の量によって変わってくる。これはマネーロンダリングや不適切な取引を防止するためで、渡す個人情報の量が多ければ取引の自由度も高くなる場合が多い。国内の取引所の多くは現在取引手数料無料で、またレバレッジ取引に対応している。各取引所の提供するサービスなどを比較しながら、自分の希望にあったところを見つけてみよう。また、入手した後のビットコインはすぐに使用するのでなければ自分のハードウェア・ウォレットペーパー・ウォレットに移すなど、ハッキングのリスクを避けてきちんと自己管理する習慣を身につけておきたい。

【日本の取引所】
bitFlyer
J-Bits
Coincheck
Zaif
BTC Box
BitPoint
Fisco
Lemuria
Kraken
Quoine

ビットコインATM

 現在、ビットコイン売買ができるATMが東京などにいくつか存在する(ビットコインMAP参照)。ATMは5〜8%程度の手数料を取るためビットコインを入手するのにはもっとも高くつくが、取引所で登録などをしなくても気軽にその場でビットコインを手に入れることができる。購入方法も簡単だ。

ニュース速報

ワールド

英ロイヤルウエディング、伝統と現代の融合で新しい王

ビジネス

アングル:中銀のフォワードガイダンス、かえって市場

ワールド

焦点:イタリア次期政権、新たなユーロ危機の「火種」

ワールド

アングル:米朝首脳会談は実現するか、失敗の歴史を振

MAGAZINE

特集:統一朝鮮本当のリスク

2018-5・22号(5/15発売)

人口7600万人の新国家が朝鮮半島に誕生したとき戦略なき日本は「地経学」的チャンスを失うかもしれない

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食ブーム

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイ…

  • 5

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 6

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 7

    北朝鮮の首都・平壌が「薬物中毒・性びん乱」で汚染…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    脱北者の遺体を氷の上に放置......北朝鮮「国境警備…

  • 10

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 6

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 7

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 3

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 4

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 5

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 6

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月