最新記事

法からのぞく日本社会

芸能人の「一日警察署長」も、容疑者を逮捕できます

2016年9月27日(火)12時15分
長嶺超輝(ライター)

 いや、種明かしをしてしまうと、現行犯逮捕の権限は、あなたにも与えられている。


◆刑事訴訟法 第213条
 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

◆刑事訴訟法 第214条
 検察官、検察事務官及び司法警察職員以外の者は、現行犯人を逮捕したときは、直ちにこれを地方検察庁若しくは区検察庁の検察官又は司法警察職員に引き渡さなければならない。

 すなわち、現行犯の容疑者が相手であれば、誰でも「逮捕」が可能なのである。ただ単に容疑者を取り押さえて警察に協力するのではなく、逮捕という刑事手続きに、誰もが正式に関わることができるという意味だ。

 逮捕には手錠が付きものだというのも、一種の思い込みにすぎない。もっとも、いくら相手が犯罪者とはいえ、現行犯逮捕のとき、不用意に殴ったりケガを負わせたり、首を絞めたりする暴力は決して許されない。

 最高裁の判例では「警察官であると私人であるとをとわず、その際の状況からみて社会通念上逮捕のために必要かつ相当であると認められる限度内の実力を行使する」範囲で留めなければならないとされている(第一小法廷1975年4月3日判決)。

犯罪行為を目撃していなくても現行犯逮捕はできる

 では、「現行犯」というからには、犯罪行為をその目で見ていなければ容疑者を逮捕できないのだろうか。どこまでが誰でもできる現行犯逮捕で、どこからが警察官などにしか許されない通常逮捕・緊急逮捕なのか、その境界が問題となる。

 法律上(刑事訴訟法212条2項)は、たとえ犯罪行為をその目で見ていなくても、犯罪が終わって間もないと明らかに認められ、

●「犯人として追呼されているとき」(「その人、ドロボー!」と名指しして追いかけている人がいる場合など)

●「贓物又は明らかに犯罪の用に供したと思われる兇器その他の物を所持しているとき」(犯罪で使ったと思しきナイフや拳銃、盗まれた品物などを持っている場合など)

●「身体又は被服に犯罪の顕著な証跡があるとき」(返り血を浴びていたり、防犯カラーボールの蛍光インクが付着している場合など)

●「誰何(すいか)されて逃走しようとするとき」(「お前、何やってんだ?」と声をかけても、返事せずに逃げ出した場合など)

 ......これらの各場面に該当するなら、現行犯と同等にみなして、やはり誰でも逮捕することができる(準現行犯逮捕)。これらが該当しない場合は、誤認逮捕が発生してしまうおそれが高まるため、裁判官のチェックが必要な通常逮捕に切り替えなければならない。

 ちなみに判例によれば、事件発生から1時間40分後、現場から直線距離で4キロ離れた場所で、「誰何されて逃走しようと」した者を、事件を目撃していない警察官が捕まえた行為について、「犯罪が終わって間もない」として、準現行犯逮捕の成立を有効に認めている(和光大学事件上告審判決:最高裁判所第三小法廷1996年1月29日)。

 もちろん、事件当時から現行犯を見失わずにずっと追跡していれば、どれだけ時間が経過しようと、現場から何キロ離れていようと、理論上は現行犯逮捕が成立しうる。

 マラソンランナーの署長なら、自転車で逃げる容疑者でも粘り強く追いかけて検挙することだって期待できる。体格のいいプロレスラーや力士が一日警察署長であれば、力づく、あるいは技術で逮捕できるはずだ。格闘の心得がある演歌歌手やアイドルの署長も、容疑者を制圧して逮捕できるかもしれない。それ以前に危険なので、周囲の警察官やマネージャーが止めそうだが......。

 それでも、この世にはびこる悪を現行犯逮捕する権限は、万人に開放されている。いつの日か「お手柄!一日警察署長」という派手な見出しが、新聞やネットに躍ってもおかしくはない......かもしれない。

[筆者]
長嶺超輝(ながみね・まさき)
ライター。法律や裁判などについてわかりやすく書くことを得意とする。1975年、長崎生まれ。3歳から熊本で育つ。九州大学法学部卒業後、弁護士を目指すも、司法試験に7年連続で不合格を喫した。2007年に刊行し、30万部超のベストセラーとなった『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書)の他、著書11冊。最新刊に『東京ガールズ選挙(エレクション)――こじらせ系女子高生が生徒会長を目指したら』(ユーキャン・自由国民社)。ブログ「Theみねラル!」

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 3

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月