最新記事

中央アジア

トルコ政変は世界危機の号砲か

2016年8月2日(火)18時00分
楊海英(本誌コラムニスト)

Osman Orsal-REUTERS

<トルコのクーデター未遂事件の直後にカザフスタンで起きた銃撃戦。トルコ系がつながる中央アジアは次の「火薬庫」になる危険性がある>(写真は反乱軍に攻撃されたトルコの首都アンカラの警察本部)

 モンゴルの首都ウランバートルで開催されたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議。フランスやバングラデシュのテロを非難し、名指しは避けたものの南シナ海で覇権主義的冒険を続ける中国に対しても自制を求めて、7月16日に閉幕した。

 閉幕の前日、各国首脳がウランバートル近郊の草原に設置された天幕式の宮殿(オルド)でくつろいでいるときに、トルコの軍人たちがクーデターを起こしたとのニュースが世界を駆け巡った。

 オスマン帝国時代のスルタン(君主)の地位と権力を手にしつつあるエルドアン大統領は国民の強力な支持を武器に、街頭に繰り出した軍人を鎮圧。市民と反乱軍双方の死者は232人に上った。その後は公務員や教員など6万人以上が免職・停職処分になった。強いリーダーシップを発揮できる指導者を好むトルコの国民性が勝利したようなものだ。

【参考記事】あの時、トルコ人はなぜ強権体質のエルドアンを守ったのか

 クーデター未遂を見て、欧米とアラブ諸国はテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)掃討とシリア内戦への波及を懸念するが、影響はそれだけにとどまらない。トルコの首都アンカラの銃声が静まって間もなく、中央アジアを走る天山山脈の麓、カザフスタン南部の国内最大都市アルマトイで18日、武装集団が内務省施設を襲撃。警察と銃撃戦となり、警官と民間人4人が死亡した。

 政府当局はアルマトイの警戒レベルを最高の「赤」に引き上げるなど、テロ対策に追われている。カザフスタンの「大ハン(君主)」として君臨するナザルバエフ大統領による、中央アジアで最も安定した国家のイメージに泥を塗る出来事となった。

グレートゲームの再演か

 カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンと、中央アジアに連なる独裁国家群はすべてトルコを盟主とするトルコ系兄弟だ。互いにトルコ系の言葉で通じ合い、遊牧文化を共有してきた歴史に基づく、緩やかな連帯感がある。この兄弟たちに今、グローバルな政情不安が襲い掛かろうとしている。

 西の盟主トルコと東の「兄貴」カザフスタンが混乱に陥れば、中国新疆ウイグル自治区と中央アジアを結ぶ要衝の地、フェルガナ盆地が火薬庫となる危険性がある。中央アジア全人口の20%が集中するこの盆地は失業率が高く、パキスタン・アフガニスタン方面からの麻薬と武器の密輸ルートがある。ウズベキスタンとタジキスタン、それにキルギスという3カ国の国境問題は未解決なだけでなく、深刻な水資源の争奪戦など安全保障上の対立も火種として残る。

ニュース速報

ビジネス

ドイツ鉱工業受注指数、10月は前月比+2.9% 予

ビジネス

関電、大飯原発の設置許可取り消し判決は「承服できず

ワールド

インド中銀、政策金利据え置き 流動性支援策発表

ビジネス

中国の格付業界に規制機関が警鐘、実態にそぐわない格

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティスト…

  • 6

    世界が前代未聞の公的債務の波に襲われても破綻しな…

  • 7

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 8

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 9

    ステーキ、フォアグラ...どんなに食べても「食べ放題」…

  • 10

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 4

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 5

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

  • 6

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 7

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 8

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 9

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月