最新記事

2016米大統領選

盗用を絶対に認めない共和党の病的な言い訳の数々

2016年7月20日(水)16時40分
ライアン・ボート

Aaron P. Bernstein-REUTERS

<米共和党全国大会でメラニア・トランプが行った演説の一部はミシェル・オバマの演説から盗用だとして批判されている。トランプ陣営は間違いを認めず、誰もクビにせず、ひたすら疑惑を否定するが、その言い分は破廉恥レベル>

 オハイオ州クリーブランドで米共和党全国大会が始まった18日、新たなスキャンダルが幕を開けた。ドナルド・トランプの妻メラニアの演説に、2008年民主党全国大会のミシェル・オバマ大統領夫人の演説とほとんど同じ表現が何度も出てきたのだ。

【参考記事】トランプ夫人のスピーチ盗用疑惑も 異常事態続出の共和党大会

 これは盗用であり、不正行為だ。トランプ陣営の選対本部長を解任されてCNNのコメンテーターに転じてからもかつての雇い主を擁護し続けてきたコーリー・ルワンドウスキでさえ、「このスピーチ原稿を書いた者は、責任を取って解雇されるべきだ」と認めている。

【参考記事】トランプはなぜ宗教保守派のペンスを選んだのか

 しかし、トランプ陣営は誰ひとりクビにしていない。謝ってもいないし、過ちを認めてもいない。ただ言い訳を並べるだけだ。

 共和党の面々の多彩な言い訳を集めてみた。

盗作したのはほんの一部だから、盗作に当たらない

 まずは、ニュージャージー州知事のクリス・クリスティーから。

盗作ですよね? 「スピーチの93%がミシェル・オバマのスピーチと完全に異なるから盗作ではない」(クリスティー知事)
   


ヒラリーのせいだ!

 トランプの選挙参謀であるポール・マナフォートは、民主党のヒラリー・クリントンに矛先を向けようとした。「この問題には政治的なにおいがする」と彼は記者会見で語った。

「この問題を最初に公にし、メラニア・トランプのスピーチに何か不作法があったと言い出したのはクリントン陣営だ。我々の知る限り、ヒラリー・クリントンは女性に脅かされると、その女性を潰そうとする。今回の件はその新たな例なのだろう」

どちらかというと、キッド・ロックやエイコンからの盗作

 共和党全国委員会のチーフストラテジスト、ショーン・スパイサーは音楽配信サービス「スポティファイ」の自分の曲リストを見せながら、どちらかというとミシェル・オバマではなく、ミュージシャンたちから拝借したのだと盗作疑惑に反論した。

メラニアは、キッド・ロックやジョン・レジェンド、パブリック・エナミー、エイコン、ハウス・オブ・ペインなどのミュージシャンがよく使う表現を使っただけと、ショーン・スパイサーは主張した
   

 これに対するR&Bシンガー、ジョン・レジェンドの反応。

ここに含まれるのはお断りしたい
   


同じ価値観を共有していることの表れ

 元神経外科医で、今回の共和党大統領候補指名獲得レースにも出ていたベン・カーソンは記者たちに、ミシェルとメラニアのスピーチの類似点は、問題視されるものではなく、むしろ「喜ばしいことだ」と語った。

「もしメラニアのスピーチがミシェル・オバマのスピーチに似ていたのなら、私たち皆にとって幸せなこと。なぜなら、民主党であれ共和党であれ、同じ価値観を共有していることになるからだ」とカーソンは言い、こう補足した。「アメリカ人にとってとても大切な一般原則があり、その原則を表現する時はもちろん、似たような言葉を使うことになる」

ベンガジ事件と比較して...

 CNNのパネルディスカッションに出演していた「トランプ・サポーター」ジェフ・ロードは、2012年にリビアのアメリカ領事館が襲撃されて大使ら4人が殺害され、保守派が今も当時国務長官だったヒラリーの責任を追及している「ベンガジ事件」を持ち出して、盗作問題はささいなことと印象付けようとした。

「大局的な視点が必要だ。これはベンガジ事件ではない」と、ロード。

メラニアのほうがミシェルより上手かった

 ニュート・ギングリッチ元下院議長はメラニアのスピーチを褒め称え、盗作との批判に対して「異常だ」と発言。

「同じ言葉を使っていたとしても、メラニアのほうがミシェルよりずっと上手いスピーチだったと私は言いたい」と、ギングリッチは言う。「言葉を本当に素晴らしく伝えるとはどういうことか、ミシェルは映像を見たほうがいい」

批判をまるっきり無視

 19日の朝、トランプのシニアコミュニケーション顧問、ジェイソン・ミラーは声明を発表した。声明では、盗作批判に対して、その批判に触れることなく反論している。


「メラニアのスピーチライターのチームは、彼女の美しい演説を原稿にした際、彼女の人生に関するインスピレーションについてノートを取ったが、彼女自身の考えを反映していると思われる言葉を断片的に挿入した。メラニアの移民経験やアメリカ愛はスピーチの中で輝きを放ち、素晴らしい成功となった」

 トランプ陣営にとって、間違いを決して認めない戦略はおそらく正しい。共和党全国大会はまだ終わっていないし、新たな話題が提供され、盗作疑惑は忘却の彼方に押しやられるかもしれないからだ。

ニュース速報

ワールド

米大学内の孔子学院、上院が管理強化に向けた法案可決

ワールド

中国、海外の自国民にコロナワクチン接種を計画 五輪

ワールド

谷脇総務審議官を大臣官房付に異動、深くおわび=接待

ワールド

中ロが昨年末の欧州医薬品庁へのサイバー攻撃に関与=

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月