最新記事

スポーツ

ロシア陸上界から五輪出場を認められたクリシナに「裏切り者」とバッシングの嵐

2016年7月12日(火)16時40分
デイミアン・シャルコフ

Phil Noble-REUTERS

<国家ぐるみの悪質なドーピング疑惑でリオデジャネイロ五輪への出場が危ぶまれているロシアの陸上界でただ一人、五輪出場資格を認められた女子走り幅跳びのクール・ビューティー、ダリア・クリシナ(25)。彼女は自分のことしか考えない裏切り者なのか> (写真は、2013年のヨーロッパ室内陸上選手権で優勝し、ロシア国旗を掲げるクリシナ)

 リオデジャネイロ五輪への出場をただ一人認められたロシア人陸上競技選手が、ネットで「裏切り者」と罵るなどの攻撃を受けている。

 ロシアの陸上競技選手たちは、国家ぐるみの組織的ドーピング疑惑で、8月にブラジルで開催されるリオデジャネイロ五輪への参加が危ぶまれている。ただ一人、アメリカを拠点に練習している女子走り幅跳びのダリア・クリシナ選手(25)だけが先週末、国際陸上競技連盟(IAAF)から出場資格を認められた。

beauty2.jpg
本人のインスタグラムより

 だが、クリシナがIAAFとサポーターに対する感謝の気持ちをソーシャルメディアに投稿すると、ロシアでは批判の嵐が巻き起った。出場できそうにないロシアのほかの陸上選手たちに対する配慮がなさすぎると思ったロシア人も多い。

 クリシナはロシア代表として五輪に出場できるわけではなく、個人資格で参加する。クリシナのフェイスブックページは、彼女が母国と仲間に背を向けたと非難するコメントで溢れ返った。

【参考記事】出場停止勧告を受けたロシア陸上界の果てしない腐敗

 あるユーザーは、「ロシア人はおまえを応援しない」と言い、別のユーザーは、アメリカが拠点のクリシナ選手に「国旗を星条旗に変えろ」と言い放った。

 クリシナ選手本人は、ロシアの国営メディアに対し、自分を裏切り者だとは思っておらず、ロシア人陸上選手たちの出場停止処分という決定が覆されることを願っていると語っている。

イシンバエワのコーチは逆ギレ?

 しかし、ロシアで最も多くのメダルを獲得している女子棒高跳びの現役選手、エレーナ・イシンバエワのコーチは、ロシアの国営スポーツ専門チャンネル「マッチTV」の取材に応えて、ほかのロシア人選手たちを出場停止処分にしたIAAFにクリシナが謝意を表したことを「恥さらし」と呼んだ。

 同コーチは「非常に不愉快だ」と述べている。「ロシアは、彼女が生まれ、優れたコーチについて、競技生活のスタートを切った国だ。それなのに彼女は、コーチを変えて、アメリカに渡った」

【参考記事】妖精シャラポワは帰ってくる

 政党「ロシアの共産主義者」党首であるマクシム・スライキンは、モスクワのラジオ局「ガバリート・モスクバ」に対し、クリシナ選手はロシア選手たちとの同胞意識がないのだから、「ウクライナ代表として大会に参加すればいい」と語った。同政党は、ウクライナの親欧米政府を徹底的に批判している。

 いっぽう、ロシア選手団を指導するコーチのセルゲイ・エピシンは、露誌「ソベセドニク」に、クリシナが裏切り者だとは思わないと語った。「IAAFが提示した条件下で競技することに本人が同意したのであれば、参加するのは当然の権利だ」

 クリシナ選手には激励のメッセージも寄せられている。ロシア上院議員のタチアナ・レベデワも彼女の決断を支持しており、ロシアのニュースサイト「ライフ」に対して、自分はクリシナ選手に共感できると語った。

ニュース速報

ビジネス

JPモルガン、第2四半期も貸倒引当金増強 約70億

ワールド

香港「金融ハブの地位危うく」、米大統領が中国に不快

ワールド

英、ギリアドのコロナ治療薬を一部患者に供給へ

ワールド

独、6月29日に社会的距離緩和へ 6日から10人以

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月