最新記事

米大統領選

トランプの新たな個人攻撃、「ヒラリーは夫の不倫相手の人生を破壊した」

共和党のライバル脱落で、本選で当たりそうなヒラリーに攻撃の的を絞ったトランプ陣営

2016年5月9日(月)16時00分
ミシェル・ゴーマン

具体性抜き トランプが持ち出したヒラリーの「恥ずべき」行為は単なる誹謗中傷なのか Jim Urquhart-REUTERS

 米大統領選の共和党候補に事実上確定した不動産王ドナルド・トランプが先週末、民主党最有力候補のヒラリー・クリントン前国務長官に対する新たな個人攻撃を開始した。夫のビル・クリントン元大統領の不倫相手だった女性たちに酷い仕打ちをしたというのだ。

「ヒラリーは彼女たちの後を追い回し、人生をめちゃめちゃにした」と、トランプはオレゴン州ユージーンでの集会で言った。「ヒラリーは信じられないほど意地が悪く卑劣なことをやってのける。彼女は女性たちに恥ずべきことをした」

 ビル・クリントンの不倫問題にトランプが初めて言及したのは昨年12月。ホワイトハウスのインターンだったモニカ・ルインスキーとクリントンの情事は選挙戦の「格好の話題」だと言った。そして先週、共和党の対立候補だったテッド・クルーズ上院議員とオハイオ州知事のジョン・ケーシックが指名獲得レースから撤退すると、トランプは改めて、11月の大統領選本選の相手になる可能性が高いヒラリーに照準を合わせた。

【参考記事】現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

 トランプは、具体的な例は挙げずに参加者にこう尋ねた。「ヒラリー・クリントンがビル・クリントンの不倫相手たちに何をしたか聞いたことがあるかい? それでよく人のことを女性差別だなどと言えたものだ。勘弁して欲しいよ、まったく」

 共和党内ではトランプを大統領候補と認めることに対する反発も根強く、先週も有力者や予備選の元ライバルたちが相次いで、大統領候補としてトランプを支持しないとか、大統領候補を正式に選出する夏の党大会を欠席するなどという発言が相次いだ。

「あの顔に誰が投票する?」

 トランプのこれまでの女性蔑視発言は有名だ。共和党のディベートの司会を務めたFOXニュースのアンカーウーマン、ミーガン・ケリーに女性差別を追及されたときは、「ケリーは生理中で機嫌が悪かったんだろう」と言った。共和党のライバル候補で、米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)元最高経営責任者(CEO)のカーリー・フィオリーナについては「あの顔を見てみろ。だれが投票するだろうか」と言ったこともある。

【参考記事】トランプは、ヨーロッパを不安にさせる「醜いアメリカ人」

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 7

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 8

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月