最新記事

米大統領選

トランプの新たな個人攻撃、「ヒラリーは夫の不倫相手の人生を破壊した」

共和党のライバル脱落で、本選で当たりそうなヒラリーに攻撃の的を絞ったトランプ陣営

2016年5月9日(月)16時00分
ミシェル・ゴーマン

具体性抜き トランプが持ち出したヒラリーの「恥ずべき」行為は単なる誹謗中傷なのか Jim Urquhart-REUTERS

 米大統領選の共和党候補に事実上確定した不動産王ドナルド・トランプが先週末、民主党最有力候補のヒラリー・クリントン前国務長官に対する新たな個人攻撃を開始した。夫のビル・クリントン元大統領の不倫相手だった女性たちに酷い仕打ちをしたというのだ。

「ヒラリーは彼女たちの後を追い回し、人生をめちゃめちゃにした」と、トランプはオレゴン州ユージーンでの集会で言った。「ヒラリーは信じられないほど意地が悪く卑劣なことをやってのける。彼女は女性たちに恥ずべきことをした」

 ビル・クリントンの不倫問題にトランプが初めて言及したのは昨年12月。ホワイトハウスのインターンだったモニカ・ルインスキーとクリントンの情事は選挙戦の「格好の話題」だと言った。そして先週、共和党の対立候補だったテッド・クルーズ上院議員とオハイオ州知事のジョン・ケーシックが指名獲得レースから撤退すると、トランプは改めて、11月の大統領選本選の相手になる可能性が高いヒラリーに照準を合わせた。

【参考記事】現実味を帯びてきた、大統領選「ヒラリー対トランプ」の最悪シナリオ

 トランプは、具体的な例は挙げずに参加者にこう尋ねた。「ヒラリー・クリントンがビル・クリントンの不倫相手たちに何をしたか聞いたことがあるかい? それでよく人のことを女性差別だなどと言えたものだ。勘弁して欲しいよ、まったく」

 共和党内ではトランプを大統領候補と認めることに対する反発も根強く、先週も有力者や予備選の元ライバルたちが相次いで、大統領候補としてトランプを支持しないとか、大統領候補を正式に選出する夏の党大会を欠席するなどという発言が相次いだ。

「あの顔に誰が投票する?」

 トランプのこれまでの女性蔑視発言は有名だ。共和党のディベートの司会を務めたFOXニュースのアンカーウーマン、ミーガン・ケリーに女性差別を追及されたときは、「ケリーは生理中で機嫌が悪かったんだろう」と言った。共和党のライバル候補で、米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)元最高経営責任者(CEO)のカーリー・フィオリーナについては「あの顔を見てみろ。だれが投票するだろうか」と言ったこともある。

【参考記事】トランプは、ヨーロッパを不安にさせる「醜いアメリカ人」

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月