最新記事

フィリピン

カナダ人を斬首したアジアの過激派アブサヤフとは

2016年4月27日(水)19時00分
ジャック・ムーア

アブサヤフはどこにいるのか?

 主としてミンダナオ島およびスルー諸島を拠点とし、ジョロ島、バシラン島から行動を起こしている。フィリピン南部で起こしてきた数々の反政府活動により、アメリカ、EU(欧州連合)、カナダはいずれもアブサヤフを過激派組織に指定している。

アブサヤフはどの国際テロ組織とつながりがあるか?

 伝統的にはアルカイダと連携してきたが、2014年のISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)勃興以後は、ISISに忠誠を誓うアブサヤフ内のグループ(セル)がいくつも出てきた。対テロ戦争の報道・分析を行うロング・ウォー・ジャーナルによれば、3月にアブサヤフのジュンド・アル・タウヒードというグループがISISに忠誠を誓い、3つめのグループとなった。ISISのメディア「Furat」がその忠誠を誓った際の映像を公開し、そこには最高指導者のイスニロン・ハピロンも映っていた。

 アブサヤフは現在、ISISの黒い旗も使用している。だが、エジプトのシナイ半島で活動するISIS傘下組織「シナイ州」のように、ISISの忠実な分派として活動するのではなく、「ISISブランド」を使って自身の知名度を上げようとしているのだろうと専門家は分析する。ISISは2014年6月にシリアとイラクにまたがる地域で「カリフ国」を設立して以来、国際的な注目を集めるようになった。

アブサヤフの目的は何か?

 分離独立派の組織として、主たる目的は、暴力と恐怖により、モロ族の人々のためにフィリピン南部に厳格なイスラム法に基づく国家を築くことだ。モロ族はこの地域のイスラム教徒を総称する呼称で、フィリピンでは少数派である。

 だが現実には、アブサヤフの活動の大半は金銭的な動機に基づいているようだ。身代金目的の誘拐を何度も行ってきた。金銭を得ようとするのは、政治目的を達成する活動の原資とするためなのか、組織内の各グループ(セル)の指導者たちが私腹を肥やすためなのか、はっきりしていない。

ニュース速報

ビジネス

中国動画投稿アプリ快手がIPOの仮条件設定、最大5

ワールド

香港、九竜地区のロックダウン解除 7000人にウイ

ワールド

NZ、隔離終了後の帰国者は南ア変異種に感染=コロナ

ビジネス

サウジ政府系ファンド、5年で資産倍増し1.07兆ド

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 5

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 6

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 7

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 8

    日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月