最新記事

サウジアラビア

男尊女卑のサウジで女性が選挙に初参加

Saudi Voters Give Women’s Rights a Small but Significant Boost

「運転禁止」など女性の権利が大幅に制限された国で、19人の女性地方議員が誕生した意味

2015年12月16日(水)16時45分
ナタリー・イルズリ

初投票 首都リヤドで投票を終えた女性有権者 Faisal Al Nasser-REUTERS

 サウジアラビアで12日に行われた地方議会選で、少なくとも19人の女性が当選した。同国で初めて女性の立候補と投票が認められた選挙になる。

 英字紙アラブ・ニュースによれば、13日の開票の結果、2106人の候補が当選し、そのうち19人が女性だった(女性議員の数を14~20人と報じる通信社もある)。

 今年1月に死去したサウジアラビアのアブドラ前国王が、女性に地方参政権を与えると約束したのは2011年9月。約束がついに果たされた。11月29日の政府の発表によれば、最終的な立候補者は6917人で、うち979人が女性だった。

 今回当選した女性たちは、全議席のわずか1%を占めるにすぎないが、聖地メッカからサウジ最大の東部州まで、当選した選挙区は多岐にわたる。彼女たちの多くは、働く女性のための託児所の時間延長を訴えたり、若者のためのスポーツ・文化活動のための公共施設設置を約束した、とAP通信は報じている。

 選挙結果は大きな一歩ではあるものの、サウジの「女性の権利」改革は今も遅々として進まない。同国では女性の運転を禁じる法律はないのに、女性には運転免許証が発行されない。女性が車を運転すれば、罰金を科され、逮捕される危険もある。

国政レベルの有権者は国王だけ

 他にも、パスポートの取得から結婚、旅行、高等教育まで、「男性保護者」の許可がなければ女性には認められないことばかり。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:成長事業は健康領域、必要に応じてM&

ビジネス

インタビュー:ドル105円割れは買い、株は上値で売

ワールド

米伝道師ビリー・グラハム氏が死去、歴代大統領にも助

ワールド

北朝鮮、五輪閉会式に金英哲・労働党副委員長を派遣=

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 3

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 7

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 8

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    韓国の一般市民はどう思ってる? 平昌五輪「南北和…

  • 1

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 8

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 9

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 10

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「…

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月