最新記事

ヘルス

美容と健康のために胎盤スムージーって???

Placenta-Eating Witch Hunt

馬や羊などのプラセンタでは物足りず自分の胎盤を食べる女性が増えている

2015年4月28日(火)18時25分
フェリシティ・ケーポン

効果と安全性は 人や動物の胎盤は中国でも漢方薬として使われてきたが Kin Cheung / Reuters

 美容目的で馬や羊、豚などの動物のプラセンタ(胎盤)を摂取したり、成分を肌に塗ったりするのは特段珍しいことではない。でも人間の胎盤となると話は別かもしれない。

 最近、ロンドン西方の町スウィンドンで、出産後の女性のために本人の胎盤を使ってスムージーを作っていた女性キャサリン・ビールが保健当局の調査を受けた。衛生面と健康面の懸念が理由だ。

 彼女は、出産して間もない女性が持ってきた胎盤を乾燥させ、砕いてカプセルに詰めたり、フルーツと混ぜてスムージーを作ったりしていた。料金はカプセルが150ポンド(約2万7000円)、スムージーは追加料金20ポンド(約3600円)。裁判所による営業停止命令は出ていないが、ビールは調査が終わるまで自主休業している。

 眉をひそめる人も多いかもしれないが、イギリスでは出産後に自分の胎盤を食べる女性が増えていると、カプセル作りスペシャリストの訓練と認定を行っているインディペンデント・プラセンタ・エンカプスレーション・ネットワーク(IPEN)のリニア・シュリーフ創設者は言う。ビールに研修を行ったのもIPENだ。

ただの偽薬効果との声も

 シュリーフの推計によれば、イギリスで自分の胎盤を食べる母親は年間1000人を上回る。5年前は、この「療法」に関心を示す母親は年に2、300人程度だったという。「人気が高まっていることは間違いない。問い合わせは増えるばかりだ」

 人気の理由は口コミだと、シュリーフは言う。胎盤に含まれる鉄分と栄養分のおかげで、実際に試した女性の多くが快眠や美肌、母乳の増加といった効果を報告しているという。「赤ちゃんがすぐ泣きやむ新しいオモチャが出てくれば、母親たちの間でたちまち噂になる。それと同じことが起きている」

 IPENのお墨付きを得て活動しているカプセル作りスペシャリストは100人以上。助産師やドゥーラ(妊産婦の世話をする専門職)、ホリスティック医療のセラピスト、一般の母親たちなどがいるという。

ニュース速報

ワールド

日米で通商巡り違いあるのは事実=G20で麻生財務相

ワールド

北朝鮮、ICBM実験停止と核実験施設の廃棄を表明

ビジネス

富士フィルムと米ゼロックス、経営統合計画の再交渉目

ビジネス

日産、英工場で数百人削減へ ディーゼル車需要縮小=

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 2

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打診 日本の仕事激減が再び?

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    「金正恩は何かあると、すぐに妹を呼ぶ」韓国閣僚が…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月