最新記事

アフリカ

襲撃事件で始まったケニア大統領選

東アフリカの雄ケニアの選挙が始まったが、暴動で1100人以上が死亡した前回選挙の記憶を払しょくできるか

2013年3月5日(火)16時38分
トリスタン・マコーネル

高い関心 投票所には開場前から大勢の有権者が詰めかけて列を作った Julia Sestier-Reuters

 東アフリカの安定の要といわれるケニアで4日、重要な選挙が始まった。有権者たちは、首都ナイロビを含む各地で夜明け前から投票所で長い列を作った。

 だが投票の開始を前に、2カ所で恐ろしい襲撃事件が起きた。

 東部のインド洋に面する沿岸地域モンバサとキリフィで、なたによる警察襲撃事件が発生、少なくとも15人が死亡し、そのうち9人は警官だった。デービッド・キマイヨ警視総監は、2件の事件が分離独立を目指し活動するモンバサ共和評議会(MRC)の犯行だと非難した。MRCは選挙前から犯行予告を行っていた。

 07年に行われた前回の選挙では、選挙結果への不満から民族対立に火がつき、暴動が発生した。当時1100人以上が死亡した前例があるため、今回の選挙は大きな注目を集めている。無事に選挙が行われれば前回選挙の悪評を払しょくできるが、再び暴力沙汰になれば、安定と繁栄の国というケニアの評判が大打撃を受ける。

 投票が始まった4日朝、湾岸地域以外では問題は起きなかった。お祭りの雰囲気が漂い、選挙の成功を脅かすのは、熱心な有権者が大挙して投票に訪れ、なかなか動かない長い列ができることくらいだった。

 選挙では公立小学校が投票所として使われている。ナイロビのスラム、キベラにあるオリンピック小学校はその中で最大だ。午前6時すぎに投票が始まる前に、数千人がすでに長い列を作っていた。

 選挙での暴力行為は、投票そのものよりも、物議をかもすような選挙結果が原因で起きる場合が多い。オリンピック小学校で、投票に訪れた有権者に話を聞くと、選挙結果は受け入れるつもりだと言う。「支持する候補たちが受からなくても、それはやむを得ない」

僅差の大統領選で緊張も

 今回の選挙は、ケニア史上もっとも複雑なものだと言える。

 有権者は6つのポストに投票を行う。これまで同様に大統領と国会議員(下院)を選び、それに加えて憲法改正で二院制になったために上院議員も選出する。再編された郡の知事や議会議員、そして女性議員も選ばれる。ケニア史上、最も煩雑な選挙だ。

 不正を防ぐため、親指の指紋をスキャンして、コンピューターのデータベースとの相互確認をする有権者生体登録システムが新たな対策も導入されている。だがそれによって投票に時間がかかるという事態も起きている。

 大統領候補が最初の投票で勝利するには、過半数以上の得票を獲得しなければならない。さらに再編された47の郡のうち24郡で25%以上の得票を得る必要がある。第1ラウンドで勝者が出ない場合は、4月に第2ラウンドが行われる予定だ。

 世論調査によれば、有力な候補は2人だ。現首相のライラ・オディンガと、副首相のウフル・ケニヤッタだ。両者の差は僅差で、開票が進むにつれて状況が緊迫しないとも限らない。

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度に絞

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中