最新記事

中国政治

「ミニ毛沢東」薄熙来の失脚は必然だった

妻の殺人容疑も加わった疑惑の真偽はどうあれ、出世目前の薄が政界から消されなければならなかった理由

2012年4月11日(水)20時22分
エドワード・ハダス

堕ちた新星 市民に人気の強烈なパーソナリティが仇となった簿 Jason Lee-Reuters

 永久保存処理を施され、中国・北京中心部の霊廟に安置されている毛沢東の遺体は、今も多くの人々が拝観に訪れる。最高指導者として毛の跡を継いだ鄧小平は、遺灰を海に撒かせた。その後の中国指導者たちはさらに控え目だった。

 だが、毛沢東に対するのと同様の個人崇拝を現代中国に蘇らせることが可能だと考えた政治家がいた。「太子党」(党高級幹部の子息)の一人で重慶市の党委員会書記を務めていた薄熙来(ボー・シーライ)だ。結局、彼の考えは間違いだったようだ。

 薄は数カ月前まで、今秋の党大会で最高指導部・政治局常務委員会に入ると目されていた人物。中国政界の新星だった。彼の攻撃的な政治手法は、重慶市民には人気だった。開発を促進し、貧困層に優しい政策を推進したからだ。同時に、毛沢東を想起させる革命歌や銅像やスローガンを使ったりしていた。

 すると2月に、薄の部下である王立軍(ワン・リーチュン)副市長・前公安局長が米総領事館に駆け込む騒ぎが発生。事件の影響を受け、薄は3月に重慶市トップの共産党委員会書記の職を解かれた。

復帰の可能性も排除できないが

 そして4月10日、薄は党政治局員と中央委員の職務を停止された。一方妻の谷開来(クー・カイライ)は、昨年11月に重慶のホテルで死亡した英国人ビジネスマン、ニール・ヘイウッドの殺害容疑で身柄を拘束された。

 地元警察はヘイウッドの死因を「アルコールの過剰摂取」と断定し、検死もせずに遺体を火葬した。しかしイギリス外務省が中国政府に詳しい調査を要請していた。ヘイウッドは簿の妻子と知り合いで、谷とは仕事上対立していたという話もある。

 数々の疑惑の立証は困難だが、政治的には失脚は当然のなりゆきだろう。薄はあまりにも物議を醸し過ぎた。彼の処分が軽過ぎれば、共産党指導部が一枚岩でないことの証左と映っただろう。党の分裂状態が明らかになって、国民の間に経済的・社会的な不和が広まることを恐れる指導部は、団結を示す必要に迫られていた。

 薄の失脚が最終的に、中国の改革政策にとってどんな意味を持つかはまだわからない。おそらくはっきりと知ることはできないだろう。薄の運命すらどうなるか分からない。彼の政治生命は終わったとの見方が大半だが、復帰の可能性もあるという見方もある。

 どちらにしても、中国の野心的な政治家たちは薄の経験から学ぶだろう。目立つことを避け、家族や仲間の行動にもっと注意を払い、どんな悪事も完璧に隠蔽して否定できるようにしておくべきだ、と。

 共産党が求めているのは、言わば「非個人崇拝」とも言うべきもの。細心の注意で成長の舵を取っていく上で必要なのは、顔のない官僚組織。決して簿のような「ミニ毛沢東」ではない。党幹部やその家族が、権力や人脈を濫用するのはある程度仕方がない。ただし、バレることは許されない。

©2012 Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は7日続落し1200円超安、今年最大の下げ

ビジネス

日産、今期営業益5000億円に下方修正 販売計画は

ビジネス

キヤノン、通期営業益を4650億円に引き上げ 市場

ワールド

フィリピン沖でタンカー沈没、燃料が流出 1人行方不
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中