最新記事

ロシア

プーチンの選挙CMはお色気たっぷり

来年の大統領選に向けて与党・統一ロシアが異例のセクシーCMを打ち出し、大ひんしゅくを買っている

2011年11月14日(月)16時16分
リリアン・ リゾー

投票に行こう 統一ロシアの新しい選挙CMでは、投票ブースに若い男女が入り込み、カーテンを閉めてよからぬムードに……(YouTube)

 セクシーなCMで消費者を引きつけ、商品を売ろうとする手法は今どき珍しくない。しかし同じような手法で、有権者の票を集めようとする大統領候補がいる。ロシアのウラジーミル・プーチン首相だ。

 来年3月に大統領選が迫るなか、プーチン率いる与党・統一ロシアはセクシー度満点のテレビCMを流し始めた。

 CMでは、ダークブラウンの髪の若い女性がハイヒールとミニ丈のドレスをまとい、投票場に現れる。近くにいた男性有権者のアツイ視線に気付いた彼女は、彼の首に手を回して投票ブースに誘い込み、カーテンを閉めて何やらよからぬムードに......。その後、ブースから出てきた2人はそろって投票箱へ向かう。

 まるで、セクシー路線のマーケティングで大成功した男性用化粧品ブランド「AXE(アックス)」のCMを観ているようだ。背景ではテクノ音楽のビートが響き、投票所というよりクラブに駆け込みたくなる。英ガーディアン紙によれば、CMの最後に映し出されるロシア語のスローガンは「一緒にやろう」という意味らしい。

セクシー戦略は今回が初めてじゃない

 当然の成り行きとして、このCMを流した統一ロシアに対しては激しい非難の声が高まっている。ただし、問題になっているのはセクシーな内容ではない。このCMがロシアの法律に反している点だと、ロシア議会の重鎮であるゲンナジー・グドコフは言う。「法律上、有権者は1人で投票ブースに入らなければならない」

 今回のCMは、ネット世代の有権者の票を狙ったものではないかとみる向きもある。というのも、統一ロシアの人気はここにきて急速に低下しているのだ。ロシアの調査機関レバダセンターが先週発表した世論調査によれば、統一ロシアに投票すると答えた人は51%で、前週の60%から大幅に落ち込んだ。

 とはいえ、統一ロシアが「お色気戦略」に出たのは今回が初めてではない。7月には「プーチン軍」を自称する女性グループが、「プーチンのために服を引き裂く」コンテストを開催して話題を呼んだ。この時に手ごたえを実感したのかも?

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

世界の平均気温が史上最高、2日連続で記録更新=EU

ビジネス

焦点:日銀利上げ、円安にらみ政権・与党内で議論百出

ビジネス

日銀、国債購入3兆円程度に違和感なし 利上げ時期は

ビジネス

英総合PMI、7月速報値は52.7に上昇 予想上回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中