最新記事

中国

アメリカも動かす中国パンダの外交力

ワシントンのパンダ2頭の貸与期限の延長が決定。他のイメージ戦略が失敗に終わるなか、愛くるしい魅力で嫌中ムードを吹き飛ばせるか

2011年2月28日(月)12時29分
メリンダ・リウ(北京支局長)

最強兵器 スミソニアン国立動物園のティエンティエンは2015年までアメリカで暮らすことになった Reuters

 1月の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席の訪米に合わせ、中国政府のメディア対策専門家たちは、アメリカに友好的なイメージを売り込もうとPRキャンペーンに知恵を絞った。

 ニューヨークのタイムズスクエアの大型スクリーンで、2月半ばまでPR映像を流すのもその一環。著名人や一般市民ら笑顔の中国人が大勢出演する。

 しかし、このイメージ戦略は不発に終わりそうだ。あまりに退屈な映像にアメリカ人はうんざりし、「中国が心底嫌いに」なるだろうと、ある中国人ブロガーは予想している。

「中国嫌い」とは言わないまでも、中国経済が大躍進を続けるなか、アメリカ人が警戒感を強めているのは確か。人民元を意図的に安くし、アメリカの雇用を奪い、厳格な子育てで若い世代を鍛える中国は脅威の存在だ。

ニクソン政権時代にも絶大な効果

 とはいえ、中国にも世界中の人々に親しまれるシンボルがある。パンダだ。パンダはアメリカでも大人気。胡の訪米中、地味ながら米中間である交渉がまとまった。ワシントンの動物園に貸与されているつがいのパンダ、メイシアンとティエンティエンの貸与期限が延長されたのだ。10年前に海を渡ってきたこの2頭は、15年までアメリカで暮らすことになる。

 北朝鮮の核開発問題や人民元の切り上げに比べれば、パンダの貸与は些細な問題かもしれない。しかし、ソフトパワー外交を目指す中国当局にとって、愛くるしいパンダは最強の武器だ。

 米中国交回復につながった72年のニクソン訪中時にも、中国当局は2頭のパンダ、リンリンとシンシンをアメリカに贈ると約束。この2頭のおかげでアメリカの世論がどっと親中国に傾いたのは、米政府にとっても想定外だった。

 動物園がインターネットを通じて流しているメイシアンとティエンティエンのライブ映像「パンダ・カム」は今も大人気で、日々アクセスが殺到している。この2頭の間には05年にタイシャンというオスの赤ちゃんが生まれた。タイシャンは2010年に、中国のパンダ繁殖計画のために四川省成都の研究基地に返還され、アメリカじゅうのファンが別れに涙した。

 メイシアンとティエンティエンの貸与期限延長で、2頭目の「アメリカ生まれのパンダ」への期待も高まっている。そうなれば、米中の友好ムードは一気に高まるはず。ぎくしゃくしがちな米中関係だが、パンダ外交は功を奏しそうだ。

[2011年2月 2日号掲載]

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月