最新記事

南アジア

冒涜罪テロと怒りのパキスタン

要人暗殺の教訓を生かしてより寛容な社会を実現する勇気があるかどうかに対米同盟の行方はかかっている

2011年2月15日(火)15時06分
ロン・モロー(イスラマバード支局長)、サミ・ユサフザイ(イスラマバード)

無念の死 1月5日にラホールで行われたタシールの争議には数千人が参列した Faisal Mahmood-Reuters

 パキスタン東部パンジャブ州のサルマン・タシール知事が自身の警護官マリク・ムンタズ・フセイン・カドリに至近距離から撃たれて死亡したのは今月4日。その直後から、SNSのフェースブックには暗殺者を称賛する書き込みが殺到した。

「預言者ムハンマドを侮辱する人間には死あるのみだ。彼(カドリ)の行為は信仰心の表れにほかならない」と、投稿者の1人は主張した。

 パキスタンには1980年代に導入された「宗教冒涜罪」があり、違反者には死刑が適用される。タシールはこの規定の緩和を唱えていた。

 タシールはパキスタンの政治家には珍しく、武装勢力とつながりがあるイスラム過激派や宗教右派を公然と批判する人物だった。さらに預言者を侮辱したとして死刑判決を受けたキリスト教徒の女性アーシア・ビビの擁護に回り、冒涜罪の見直しを訴えたことで、保守派や過激派の激しい怒りを買った。

護衛も信用できない国

 北西部の南ワジリスタンで活動するパキスタン・タリバン運動(TTP)のある司令官は、本誌記者との電話でこう言った。「タシールを殺した警護官はタリバン支配地域に逃げてくればいい。われわれは口づけで出迎えるだろう」

 司令官はさらに話を続けた。「この問題はタシールの殺害で終わらない。一般のパキスタン人とタリバンは怒りに燃えている。その対象は、マスコミの人間や、冒涜罪の見直し運動を主導した女性議員も含まれる」

 パンジャブ州知事に就任して以来、タシールは州内で最大の勢力を持つ2人の政治家と何度も衝突した。1人はナワズ・シャリフ元首相、もう1人は弟のシャバズ・シャリフ州首相だ(大統領任命制の知事は名目上、州の最高責任者だが、実権は選挙で選ばれる州首相にある)。シャリフ兄弟は口では過激派に反対しながら裏で支援に回っていると、タシールは批判した。

 昨年初めの外国人記者との昼食会でタシールは、シャバズがシーア派教徒の暗殺やモスクの爆破に関与したスンニ派過激組織シピーヒーエ・サハバの指導者と一緒に選挙運動を行ったと非難。11月にも、シャリフ兄弟の対応が甘いせいで過激派が州内で急増していると罵った。

 冒涜罪に対するタシールの姿勢に激怒した宗教右派は昨年末、大規模な抗議デモを組織。タシールの元には暗殺の脅迫が大量に届いたが、シャリフ兄弟は知らん顔を決め込んだ。

 暗殺犯が知事の警護官だったことは、パキスタンでは必ずしも意外ではない。故ベナジル・ブット首相は本誌に対し、パルベズ・ムシャラフ大統領(当時)から身の安全は保証できないし、信頼できる護衛を付けてやることもできないと告げられたと語ったことがある。そのブットも07年に暗殺された。

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 6

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 7

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 8

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 5

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 9

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 10

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月