最新記事

南アジア

冒涜罪テロと怒りのパキスタン

要人暗殺の教訓を生かしてより寛容な社会を実現する勇気があるかどうかに対米同盟の行方はかかっている

2011年2月15日(火)15時06分
ロン・モロー(イスラマバード支局長)、サミ・ユサフザイ(イスラマバード)

無念の死 1月5日にラホールで行われたタシールの争議には数千人が参列した Faisal Mahmood-Reuters

 パキスタン東部パンジャブ州のサルマン・タシール知事が自身の警護官マリク・ムンタズ・フセイン・カドリに至近距離から撃たれて死亡したのは今月4日。その直後から、SNSのフェースブックには暗殺者を称賛する書き込みが殺到した。

「預言者ムハンマドを侮辱する人間には死あるのみだ。彼(カドリ)の行為は信仰心の表れにほかならない」と、投稿者の1人は主張した。

 パキスタンには1980年代に導入された「宗教冒涜罪」があり、違反者には死刑が適用される。タシールはこの規定の緩和を唱えていた。

 タシールはパキスタンの政治家には珍しく、武装勢力とつながりがあるイスラム過激派や宗教右派を公然と批判する人物だった。さらに預言者を侮辱したとして死刑判決を受けたキリスト教徒の女性アーシア・ビビの擁護に回り、冒涜罪の見直しを訴えたことで、保守派や過激派の激しい怒りを買った。

護衛も信用できない国

 北西部の南ワジリスタンで活動するパキスタン・タリバン運動(TTP)のある司令官は、本誌記者との電話でこう言った。「タシールを殺した警護官はタリバン支配地域に逃げてくればいい。われわれは口づけで出迎えるだろう」

 司令官はさらに話を続けた。「この問題はタシールの殺害で終わらない。一般のパキスタン人とタリバンは怒りに燃えている。その対象は、マスコミの人間や、冒涜罪の見直し運動を主導した女性議員も含まれる」

 パンジャブ州知事に就任して以来、タシールは州内で最大の勢力を持つ2人の政治家と何度も衝突した。1人はナワズ・シャリフ元首相、もう1人は弟のシャバズ・シャリフ州首相だ(大統領任命制の知事は名目上、州の最高責任者だが、実権は選挙で選ばれる州首相にある)。シャリフ兄弟は口では過激派に反対しながら裏で支援に回っていると、タシールは批判した。

 昨年初めの外国人記者との昼食会でタシールは、シャバズがシーア派教徒の暗殺やモスクの爆破に関与したスンニ派過激組織シピーヒーエ・サハバの指導者と一緒に選挙運動を行ったと非難。11月にも、シャリフ兄弟の対応が甘いせいで過激派が州内で急増していると罵った。

 冒涜罪に対するタシールの姿勢に激怒した宗教右派は昨年末、大規模な抗議デモを組織。タシールの元には暗殺の脅迫が大量に届いたが、シャリフ兄弟は知らん顔を決め込んだ。

 暗殺犯が知事の警護官だったことは、パキスタンでは必ずしも意外ではない。故ベナジル・ブット首相は本誌に対し、パルベズ・ムシャラフ大統領(当時)から身の安全は保証できないし、信頼できる護衛を付けてやることもできないと告げられたと語ったことがある。そのブットも07年に暗殺された。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、パレスチナ国家の一方的承認に否定的 直接交渉を

ワールド

指名争い撤退のヘイリー氏、トランプ氏に投票と表明

ビジネス

FRB、ディスインフレ確信も「予想より時間かかる」

ワールド

英総選挙、7月4日に実施 スナク首相が表明
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中