最新記事

南アジア

冒涜罪テロと怒りのパキスタン

要人暗殺の教訓を生かしてより寛容な社会を実現する勇気があるかどうかに対米同盟の行方はかかっている

2011年2月15日(火)15時06分
ロン・モロー(イスラマバード支局長)、サミ・ユサフザイ(イスラマバード)

無念の死 1月5日にラホールで行われたタシールの争議には数千人が参列した Faisal Mahmood-Reuters

 パキスタン東部パンジャブ州のサルマン・タシール知事が自身の警護官マリク・ムンタズ・フセイン・カドリに至近距離から撃たれて死亡したのは今月4日。その直後から、SNSのフェースブックには暗殺者を称賛する書き込みが殺到した。

「預言者ムハンマドを侮辱する人間には死あるのみだ。彼(カドリ)の行為は信仰心の表れにほかならない」と、投稿者の1人は主張した。

 パキスタンには1980年代に導入された「宗教冒涜罪」があり、違反者には死刑が適用される。タシールはこの規定の緩和を唱えていた。

 タシールはパキスタンの政治家には珍しく、武装勢力とつながりがあるイスラム過激派や宗教右派を公然と批判する人物だった。さらに預言者を侮辱したとして死刑判決を受けたキリスト教徒の女性アーシア・ビビの擁護に回り、冒涜罪の見直しを訴えたことで、保守派や過激派の激しい怒りを買った。

護衛も信用できない国

 北西部の南ワジリスタンで活動するパキスタン・タリバン運動(TTP)のある司令官は、本誌記者との電話でこう言った。「タシールを殺した警護官はタリバン支配地域に逃げてくればいい。われわれは口づけで出迎えるだろう」

 司令官はさらに話を続けた。「この問題はタシールの殺害で終わらない。一般のパキスタン人とタリバンは怒りに燃えている。その対象は、マスコミの人間や、冒涜罪の見直し運動を主導した女性議員も含まれる」

 パンジャブ州知事に就任して以来、タシールは州内で最大の勢力を持つ2人の政治家と何度も衝突した。1人はナワズ・シャリフ元首相、もう1人は弟のシャバズ・シャリフ州首相だ(大統領任命制の知事は名目上、州の最高責任者だが、実権は選挙で選ばれる州首相にある)。シャリフ兄弟は口では過激派に反対しながら裏で支援に回っていると、タシールは批判した。

 昨年初めの外国人記者との昼食会でタシールは、シャバズがシーア派教徒の暗殺やモスクの爆破に関与したスンニ派過激組織シピーヒーエ・サハバの指導者と一緒に選挙運動を行ったと非難。11月にも、シャリフ兄弟の対応が甘いせいで過激派が州内で急増していると罵った。

 冒涜罪に対するタシールの姿勢に激怒した宗教右派は昨年末、大規模な抗議デモを組織。タシールの元には暗殺の脅迫が大量に届いたが、シャリフ兄弟は知らん顔を決め込んだ。

 暗殺犯が知事の警護官だったことは、パキスタンでは必ずしも意外ではない。故ベナジル・ブット首相は本誌に対し、パルベズ・ムシャラフ大統領(当時)から身の安全は保証できないし、信頼できる護衛を付けてやることもできないと告げられたと語ったことがある。そのブットも07年に暗殺された。

ニュース速報

ビジネス

今週の米株式市場はハイテク・ネット関連企業の決算に

ワールド

ジョンソン英首相、通商協議で高関税活用を検討

ビジネス

アングル:ECB理事会を巡る5つの疑問、戦略見直し

ワールド

新型肺炎の感染者1300人超、欧・豪州に拡大 中国

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日以内の合意が必要

  • 2

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 3

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 4

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 5

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 6

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 7

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 8

    新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れた…

  • 9

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 10

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 10

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月