最新記事

イラン

残虐「石打ち死刑」目前のイラン女性

「胸まで地中に埋め、石を投げつけてなぶり殺す」刑が強行されようとしている。国際世論は彼女を救えるか

2010年7月8日(木)16時39分
ラビ・ソマイヤ

「自白は強要された」 既に99回のむち打ちの刑を受けているアシュティアニ Facebook

 イランで姦通罪で有罪となった女性サキネ・モハマディ・アシュティアニ(43)は、彼女を救う運動が土壇場で奏功しない限り、今週末にも石打ちで死刑に処せられる。人権擁護団体によると、アシュティアニは胸まで地中に埋められ、死ぬまで石を投げつけられることになる。

 2人の子供の母でもある彼女は06年5月、姦通罪で有罪となり、99回のむち打ち刑を宣告された(不倫の自白は強要されたものだと彼女は主張)。それ以来投獄されている。同年、夫を殺害した罪にも問われたが、それは無罪になった。

 だが姦通罪についての審理は再開された。英ガーディアン紙によると、「裁判官の知識」に基づいて証拠なしで判決を出せるという規則の下、死刑判決が下された。

 彼女の代理人は人権派弁護士モハマド・モスタフェが務めているが、控訴しても認められなかった。早ければ7月10日にも政府が彼女の処遇を決めると、AOLニュースは伝えている。

「即死するほど大きな石ではいけない」

 人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルによると、イランの刑法では、石打ち刑で使う石は「痛みを与えるに十分なほど大きく、即死させるほどは大きくない」とされている。刑法102条は、石打ちの刑で男性は腰まで、女性は胸まで地中に埋めると規定。同104条は、姦通罪の刑罰について、使う石は「1回か2回で人が死ぬほど大きくてはならず、石の定義に当てはまらないほど小さくてもいけない」と規定しているという。

 イランでは昨年388人が死刑になっており(大半が絞首刑)、死刑の人数は中国に次いで多かったと、アムネスティは報告している。

 アシュティアニの家族は、彼女の救援を世界に呼び掛けている。人権擁護団体によると、ほかに少なくとも2人の女性が石打ちの刑を宣告されている。うち1人は15歳で逮捕され、これまでは18歳未満のため「模擬石打ち」の刑を受けたと報じられている。実際の刑が始まるのは時間の問題かもしれない。

*編集部注: その後のガーディアン紙などの報道によると、アシュティアニの石打ち刑は当面執行されないとイラン当局が発表したが、執行の可能性が消えたわけではないという(7月13日記)。

ニュース速報

ビジネス

現代自グループ、自動運転車開発に350億ドル投資へ

ビジネス

貿易などのリスクなお高水準、「会合ごとに」金利決定

ビジネス

独ZEW景気期待指数、10月はマイナス22.8 予

ビジネス

中国新規融資、9月は1.69兆元に増加 予想上回る

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

※次号は10/16(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を超える

  • 2

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

  • 5

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 6

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 7

    NBA騒動に学ぶ「かんしゃく国家」中国との付き合い方

  • 8

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本の漁師から同情の声も

  • 4

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 5

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 6

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 7

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 10

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月