最新記事

スキャンダル

「予防接種で自閉症になる」論文のデタラメ

MMRワクチンと自閉症の関連を主張した12年前の論文がようやく撤回されたが、予防接種を拒否する流れが止まることはない

2010年2月3日(水)18時08分
シャロン・べグリー(サイエンス担当)

疑惑の医師 ウェークフィールドは予防接種拒否運動に火をつけた張本人(写真中央。1月28日、英医事委員会での尋問後の記者会見で)
 Luke MacGregor-Reuters

 子供への予防接種が自閉症の症状を引き起こす──。1998年、そう主張する論文が英医学誌ランセットに掲載されると、欧米各地で予防接種を拒絶する親が激増した。

 あれから10年以上。多くの研究者がこの研究に疑問を呈し、共同研究者の大半が何年も前から論文の撤回を求めてきた。そして今週、ランセットはついに、この悪名高きこの論文を正式に撤回した。

 問題のワクチンは、麻疹(はしか)とおたふくかぜ、風疹を予防する新三種混合ワクチン(MMRワクチン)。論文の共同研究者13人のうち10人はすでに2004年に、ワクチンと自閉症の関連性を否定していたが、主要執筆者の医師アンドリュー・ウェークフィールドは撤回を拒否してきた。今回、ようやくこの論文が科学界から抹消されたわけだが、それは長年指摘されてきた科学的な間違いのためではなく、この研究が倫理基準に違反していたという公的判断のおかげだ。

予防接種拒否で麻疹の罹患率アップ

 一言でいえば、問題の論文はMMRワクチンの接種を受けた子供が数日以内に腸に炎症を起こす可能性があるという内容だ。12人の被験者のうち9人については、接種後1〜14日以内に自閉症の症状も見られたため、ウェークフィールドはワクチンが子供の腸にダメージを与えたと結論づけた。

 ウェークフィールドの複雑な仮説によれば、麻疹の予防に関係するワクチンによって腸に炎症が生じ、そこから有害たんぱく質が血中を通って脳に流れこみ、神経細胞に損傷を与えて自閉症を引き起こすという。

アメリカの自閉症の発生率は2000年には300人に1人だったが、最新統計では100人に1人以上に増えている。ウェークフィールドの論文を機に、自閉症の増加は予防接種のせいだというヒステリーに近い世論が巻き起こり、それは10年以上経った今も続いている。親たちが子供へのワクチン接種を拒んだ結果、麻疹の罹患率は上昇した。

 ただし今回、イギリスで検証されたのは、論文の科学的な正しさとは別の視点だった。

 ウェークフィールドには長年、倫理規定違反の疑惑がついて回っていた。英サンデー・タイムズ紙は04年、被験者のうち数人は、ワクチン製造メーカーを相手取った裁判の担当弁護士の依頼人の子供だったと指摘。さらに、裁判絡みの研究に資金援助をする公的機関リーガル・エイド・ボードから、ウェークフィールドが5万5000ポンドを受け取っていたことも明らかにした。

 こうした報道を受けて、ランセットのリチャード・ホートン編集長は当時、こう発言している。「今わかっていることを当時知っていたら、論文中のMMRワクチンに関する部分を掲載することは絶対になかった。致命的な利害の衝突があった」

ワクチンと自閉症の因果関係は否定されず

 倫理規定違反に関する当時の調査では結局、研究者が罪に問われることはなかった。だが英医事委員会は新たに2年半に及ぶ調査を行い、研究チームが適切な倫理手続きを踏んだかを検証。1月末に出した答えは、ノーだった。

 143ページの報告書は、ウェークフィールドの行為が多くの面で「不誠実」かつ「誤解を招く」ものだったと指摘している。だが重要なのは、彼がランセットに対して、子供の集め方(弁護士を通じて行った)について誤解を招く報告をしており、利害の衝突を否定した論文中の倫理声明が虚偽だったこと。そして、研究の舞台となった病院が、研究の実施を承諾していなかったことだ。

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月