最新記事

イタリア

集団セックス殺人、21歳被告の迷走

アメリカ人留学生アマンダ・ノックスが法廷で証言「何が現実か分からなくなった」

2009年6月22日(月)16時57分
バービー・ナドー(ローマ支局)

被告の1人として法廷で証言するノックス(6月12日) REUTERS/Daniele La Monaca

 イタリア中部ペルージャで、イギリス人留学生メレディス・カーチャーが自宅で集団セックスを強要された上、惨殺されたのは07年11月のこと。イタリアでは先週、この事件の裁判が高い注目を集めた。被告の1人でカーチャーのルームメイトだったアメリカ人留学生、アマンダ・ノックス(21)が証言台に立ったからだ。

 清楚な印象の白いブラウスで現れたノックスは落ち着いた様子で6時間近い証言を行った。彼女は殺人の罪に加え、無実の知人パトリック・ルムンバを犯人として名指しした件でも罪に問われている。

 なぜ彼の名前を出したかという質問に、ノックスは警察に厳しく尋問されたからだと答えた。弁護士の同席なしに夜通しの尋問を受けた末、ルムンバが犯人だとする供述書にサインするまで脅されたり頭をたたかれたりしたという。「何が想像で、何が現実か分からなくなった」とノックスは語った。

 ノックスを尋問した警官は今年2月に行った証言で、彼女には厳格に接したものの暴力を振るったりはしなかったし、朝食まで提供したと主張した。

 事件当夜のアリバイについても、当初ノックスは自宅にいたと供述していたが、法廷ではイタリア人の恋人ラファエル・ソレチトの家に泊まったと証言。警察では「頭が混乱して、だんだん自分がその場にいたんじゃないかと思い始めた」と、ノックスは語った。

 彼女をめぐる謎はまだ多い。カーチャーの血液とノックスのDNAが家のあちこちから検出されたのはなぜか。カーチャーのDNAが検出されたナイフの柄の部分から、ノックスのDNAが発見されたのはなぜか。今後も公判の行方を見守るしかない。

[2009年6月24日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ワールド

最後の香港総督パッテン氏、中国主席を批判「新冷戦引

ワールド

トランプ氏、G7延期を表明 ロシアや韓国など加え中

ビジネス

5月の中国製造業PMI50.6に低下、需要低迷で回

ワールド

米が9年ぶり有人宇宙飛行、初の民間船をISSへ

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 5

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 6

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月