最新記事

キャリア

「葬儀屋は女性の仕事ではない」?...閉ざされた業界の扉をこじ開けて就いた「葬儀ディレクター」という天職とは

Undertaker, My Dream Job

2023年10月16日(月)11時35分
リアナ・チャン(葬儀屋、グリーフ・カウンセラー)
LIANNA CHAMP, リアナ・チャン

人生は長さより「厚み」が大切だと、チャンは思う LIANNA CHAMP

<「女性には相応しくない」と言われ続け、突然解雇されたことも...。亡くなった人と悲しみに暮れる遺族に寄り添い続ける、この素晴らしく尊い仕事について>

イギリスで育った私は、物心ついてから葬儀屋になるのが夢だった。母によれば9歳くらいのときに「大きくなったら葬儀屋になる!」と言っていたという。

幼い頃から人の悲しみをすぐに感じ取ることができた。他人の感情を常に自分のものとして受け取っていたから、葬儀屋になれば悲しんでいる人々の役に立てると直感的に分かっていたのかもしれない。

学校のキャリアアドバイザーには、葬儀屋は宇宙飛行士になるのと同じくらい難しいと言われた。当時はどちらも男性の仕事と思われていたためだ。15歳になると、母が地元の葬儀会社に、1日だけ私に職業体験をさせてくれるよう頼んだ。諦めさせるためだ。

ところが、私は葬儀会社の仕事にすっかり魅了された。職員に次々と質問を浴びせたから、彼らは本当に疲れただろう。男性職員の1人に「なぜこの業界には女性がいないのですか」と尋ねると、私を見つめて言った。

「この仕事は、静かにしていなければならないことが多いからだよ」

職業体験の1日を終えて母が迎えに来たとき、「とても楽しかった!」と言うと、彼女は「失敗した......」という表情をした。それでも母は引き続き地元の葬儀会社を当たって、私を無給で働かせてほしいと頼んでくれた。しかしどこに行っても、葬儀屋は若い女の子にふさわしい場所ではないと断られた。

ようやく見つかったのが、遺体安置所の仕事だった。平日は朝8時から午後5時まで、土曜日は夜から翌朝4時まで、わずかだが有給で働いた。訓練を終えて18歳のとき、私は葬儀ディレクターとエンバーマー(遺体衛生保全士)に、イギリス女性最年少でなることができた。

しかしその2年後、突然解雇された。理由は不明だ。

すぐに次の仕事を探し始めた。募集側に性別が分からないよう、応募書類に「L・チャン」とだけ書いたこともある。しかし面接に行くと「申し訳ないが、時間の無駄です。女性を雇ったら、うちはすぐに倒産してしまう」と断られた。

みんな誰かの大切な人

葬儀屋は女性の仕事ではない──何度もそう言われて、ついに私は自分で葬儀屋を立ち上げることにした。私にとって大きな学びとなったのは、職業訓練中に親友が急逝したことだった。彼女の死を経験して、亡くなった人の遺体を大切に扱おうと誓った。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トタルとSSE、EV充電の合弁立ち上げへ 英・アイ

ワールド

中国石炭生産、6月は前年比3.6%増 6カ月ぶり高

ビジネス

カカオ豆取引業者、デリバティブで10億ドル超の損失

ワールド

自然破壊阻止へ各国政府は行動強化を、100社以上の
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 2

    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…

  • 3

    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…

  • 4

    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 1

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 2

    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…

  • 3

    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…

  • 4

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 5

    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…

  • 1

    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…

  • 2

    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…

  • 5

    「大丈夫」...アン王女の容態について、夫ローレンス…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50

特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50

2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50