最新記事

起業

「ヘルシーな食生活はお金持ちだけのものではない」──食に責任ある社会をつくるアプリの挑戦

“Healthy Eating Shouldn’t Be a Privilege”

2023年05月15日(月)17時33分
ズーイー・デシャネル(俳優・起業家)
ズーイー・デシャネル

説教がましくならずにヘルシーな選択を促したいと、デシャネルは考えている SAMI DRASIN/GETTY IMAGES

<健康にいい食べ物が物理的にも経済的にも手に入るだけでも恵まれている。2児の母でもある女優ズーイー・デシャネルが乗り出した、ヘルシーな食品を全ての人に届ける挑戦>

私は子供の頃、ヘルシーな食べ物をたっぷり食べて育った。両親は共に美食家で料理上手。母はいつも家で自家製のパンを焼いてくれたし、父も料理や新鮮な食材にこだわりがあるタイプだった。

大人になっても、私はずっとヘルシーな食生活を実践してきた。倫理的な理由でビーガン(完全菜食主義者)の生活を送った時期もあったけれど、そうした食生活を長く続けるのは難しく、魚は食べてもよいことにした。おかげで、レストランで注文するメニューに困ることは少なくなった。

最初の子供を妊娠したときは、ヘルシーな食生活を徹底した。私の場合、妊娠中に食べ物の嗜好が奇妙に変わることはなかった(普段は飲まないレモネードを欲しがったこと以外は)。

この時期は、自分とおなかの子供の安全のためにと思って、なるべく精製していないオーガニックの食材を食べるよう心がけていた。私はずっと、食べるものの原料と産地に気を配っていたけれど、正確な情報を得ることは難しかった。

ヘルシーと銘打っている食べ物のパッケージを見ても、原料の情報がはっきりしないことも多かった。実際に用いられている原料が、パッケージの言葉からイメージするものと異なるケースも少なくなかった。

この原料は人工? それとも天然? 途方に暮れることもしばしばあった。スーパーの店頭で商品をチェックしてヘルシーな選択をするためには、高度な専門知識が必要だと思うこともあった。

レストランでも事情は似たり寄ったりだった。食材がどこから来ているのかとスタッフに尋ねても、「えーっと......トラックですよ」といった返事しか戻ってこなかったりする。私が食べているものについての正確な情報は、誰も持っていないように見えた。

もう1つ気になり始めたことがあった。私が暮らすカリフォルニアでは新鮮な野菜がたくさん採れるし、幸い、私にはそのような野菜を買えるくらいの収入がある。

でも、そんな人ばかりではない。「フードデザート(食の砂漠)」と呼ばれる地域で暮らしている人たちは、栄養価の面で好ましい食べ物を適正価格で入手することが非常に難しい。ヘルシーな食べ物が手に入る環境にいるだけでも、自分がとても恵まれているのだと思うようになった。

ヘルシーな食生活を送ることは、一握りの人だけが手にできる特権ではなく、誰にでも認められる権利であるべきだと、私は思っている。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英医療財源、480億ドル不足 与野党は対策示さず=

ワールド

ペトロブラス新CEO、ブラジル大統領の期待に応えた

ワールド

海運業界が緊急フーシ派対策を要請、紅海沈没2隻目で

ワールド

ロ朝条約、侵略受ければ「遅延なく全ての軍事支援」明
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 3

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 4

    メーガン妃に向けられたキャサリン妃の「冷たすぎる…

  • 5

    キャサリン妃の「究極のグラマースタイル」に世界が…

  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 3

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 4

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 2

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    キャサリン妃「お気に入りブランド」廃業の衝撃...「…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:サウジの矜持

特集:サウジの矜持

2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」