最新記事

仕事

夢の国ディズニーで働くキャストの本音

2020年09月02日(水)15時15分
マデリーン・デュシャルム

再開したディズニーワールドでもアトラクションの列では社会的距離を確保 MATT STROSHANEーWALT DISNEY WORLD RESORT/GETTY IMAGES

<笑顔を忘れずゲストに配慮しなくてはならないが感染拡大が止まらないなかでの仕事は不安がいっぱい>

「ウィズ・コロナ」の夏休み、フロリダ州オーランドのディズニーワールドでゲストを迎える人たちは、感染拡大が止まらない状況をどう見ているのか。「キャスト」と呼ばれる従業員の1人が匿名を条件に本音を語ってくれた。

【関連記事】米ディズニー・ワールド接客キャスト「再開延期を」 嘆願書に7000人が署名

私は(ディズニーワールドの4つのテーマパークの1つである)エプコットのアトラクションでフルタイムで働いている。担当するライドは2つ。シートべルトをちゃんと装着しているか確認するなど、ゲストが安全にアトラクションを楽しめるよう徹底管理するのが私たちの仕事だ。

3月に初めてパークが閉鎖されたときには、2週間の休業だと言われた。労働組合のおかげで当初は有給休暇扱いになって、みんな喜んでいた。「自宅で2週間くつろいで給料がもらえるなんて!」と。

シフトにもよるが、私たちは毎日8時間、長いときは10時間から14時間ほぼ立ちっ放しで働き、しかもずっと笑顔でいなければならない。これは結構きつい。だから人と会えなくても、ステイホームはありがたかった。でも、それが4ヶ月続いた後、やっと仕事に復帰できると聞いたときは、やはりうれしかった。

ただ、不安にもなった。身長制限があるライドでは、子供の背を測る。制限をクリアできるかどうか微妙なときや子供が真っすぐ立っていないときなどはそばに寄って調整しなくてはならず、顔と顔をうんと近づけることになる。

ディズニーキャストは常々、ゲストのために最大限の配慮をするよう言われている。感染防止のルールはそれとは真逆で、融通は利かない。安全のためには譲歩はノー。そういう状況はストレスになる。

逆ギレされる恐怖感も

今のところはマスクの着用や社会的距離の確保でゲストともめたことはない。よく見掛けるのはマスクをしていても鼻が出ていたり、あごまで下ろしていたりする人。そういう人はたいてい飲み物を手にしていて、マスクの着け方を注意すると「これを飲んでいるから」と言い訳する。それでもルールに従うよう、やんわり促さなくてはいけない。

こういうときの会話は神経を使う。相手がムッとして暴力的になることもあるからだ。

ゲストにとっては、(入場制限がある)今はチャンスだろう。「行列がこんなに短いなんて、びっくりだよ」と驚く人もいる。

ただ、禁止事項が多いことに文句を言うゲストもいる。それを聞くと複雑な気持ちになる。ゲストは自分の意思で来ているはずじゃないか......。

でも、制約があるのに遊びに来てくれたゲストには感謝しなければならない。おかげで私は働けるのだから。ただし忘れないでほしい。感染防止のルールはゲストを守るためでもあるが、私たちキャストを守るためのものでもある。

気を付けていても100%安全ではない。最近、ルームメイトの感染が疑われた。そのため私も検査結果が出るまで自己隔離を指示され、その間の給料は出なかった。

フロリダ州では感染者が急増しており、またパークが閉鎖されるかもしれない。上司たちに聞いてみたが、彼らもどうなるか知らなかった。本社のトップが何らかの方針を決めているのだろうが、私たちには知らされていない。

今の状況が続くなら閉鎖されたほうがいいとも思う。州当局が失業者に親切に対応してくれるなら......。


© 2020, The Slate Group

【関連記事】ディズニー恐るべし、『アラジンと魔法のランプ』は本当は中東じゃないのに


20200908issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。

[2020年8月25日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル下落、FOMCの結果待ち

ワールド

英、欧米から観光客受け入れ再開へ ワクチン接種条件

ワールド

ドイツ工業団地で爆発、2人死亡 31人負傷 依然複

ビジネス

英成長率見通しを7.0%に上方修正、米国と同水準=

RANKING

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 2

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 3

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 4

    お金を稼ぐ方法、賢く使う方法、ビジネスの方法 米…

  • 5

    ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した…

  • 1

    永遠の妖精オードリー・ヘプバーン スイスの極小美術…

  • 2

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 4

    ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した…

  • 5

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 1

    IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    ブリトニー・スピアーズの後見制度はやりすぎでは? …

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    さらばビクトリアズ・シークレットのエンジェルたち…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売