最新記事

サイエンス

脳細胞の「若返り」に成功 多発性硬化症の治療法開発に期待

Reversing Aging in Rat Cells

2019年08月28日(水)17時45分
カシュミラ・ガンダー

EVGENYATAMANENKO/ISTOCKPHOTO

<細胞の勘違いを利用する手法で難病治療も可能に?>

マウス脳内の細胞を「若返らせる」ことに成功したと、英ケンブリッジ大学の研究チームが発表した。研究者たちは、これが難病の治療などに役立つことを期待している。

彼らが調べたのは、若いマウスと老いたマウスの中枢神経系内にあるオリゴデンドロサイト前駆細胞(OPC)。脳の機能維持に重要な役割を果たす幹細胞だが、老化による細胞周辺組織の硬化の影響を受け、OPCも老化することが分かった。

研究チームはさらに、ピエゾ1という細胞組織の硬さを検知するタンパク質を老マウスのOPCから除去。すると、OPCに軟らかい環境下にいると勘違いさせ、若い細胞のような再生機能を回復させることができたという。老マウスのOPCを若いマウスの脳組織に注入すると、注入したOPCが若返ることも確認できた。

【参考記事】心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

英科学誌ネイチャーに発表した論文の共著者の1人、ケンブリッジ大学のケビン・シャリュー(生物物理学)は「少なくともOPCの老化は細胞内部の仕組みではなく、周りの環境によって引き起こされることが分かった。以前から細胞の周辺環境が老化に関係することは知られていたが、組織の硬さこそが幹細胞の老化に直結する唯一の要素であることが明らかになりつつある」と、本誌に語った。

「この研究は、幹細胞の老化のコントロールについて新しい知見を示している。しかも、簡単に幹細胞を若返らせる方法につ ながるかもしれない」

今回の発見は人間の若返りや、老化に関連した病気の治療に結び付くのだろうか。シャリューは「体の他の組織の若返りにも応用できる可能性がある」と語る。「アルツハイマー病の治療にも使えるかもしれないが、最も期待できるのが多発性硬化症だ。この病気は私たちが研究したOPCの機能低下によって引き起こされる部分が大きい」

英リバプール大学講師のジョアン・ペドロ・デ・マガリャンエス(生物学)は「細胞内の微小環境と幹細胞の老化の関係は、ここ数年、重要な研究テーマになっている」と、研究に関わっていない立場から解説する。

脳以外の器官・臓器でも研究が進めば、組織の硬化が関係する心疾患などの治療にも光が差すかもしれない。

【参考記事】死後4時間、死んだブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した



※9月3日号(8月27日発売)は、台湾、香港、次はどこか 「中国電脳攻撃」
特集です。台湾地方選を操作し、香港デモにも干渉した中国サイバー集団によるSNS攻撃の手口とは? そして、彼らが次に狙うターゲットは? 一帯一路構想とともに世界進出を狙う中国民間軍事会社についてもリポートします。

[2019年9月 3日号掲載]

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

RANKING

  • 1

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!