最新記事

食物アレルギー

1/4万4000粒のピーナツのかけらで......数字で見る食物アレルギーの現状

Food Allergies on the Rise

2019年06月11日(火)17時20分
ニューズウィーク日本版編集部

3人に1人

食物アレルギーがある子供のうち、それが原因でいじめを受けたとの報告があった割合。


8種類

食物アレルギーの原因となっている主な食物。牛乳、卵、ピーナツ、木の実(クルミ、カシューナッツなど)、小麦、大豆、魚類、甲殻類。


50%

1997〜2011年にかけての子供の食物アレルギー患者数の増加率。


5%

食物アレルギーのある5歳未満の子供の推定割合。


20万人

毎年、食物アレルギー反応で救急医療を必要とする人の数。


32000万人

食物アレルギーのある人の推定数。


20190618issue-cover200.jpg
※6月18日号(6月11日発売)は「名門・ジョージタウン大学:世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」特集。「全米最高の教授」の1人、サム・ポトリッキオが説く「勝ち残る指導者」の条件とは? 必読リーダー本16選、ポトリッキオ教授から日本人への提言も。

[2019年6月11日号掲載]

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 4

    日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!