最新記事

インターネット

樹海騒動のユーチューバーも...2018年、全米で最もググられた10人!

GOOGLED IN 2018

2019年02月12日(火)15時45分
ニューズウィーク日本版編集部

TARIK KIZILKAYA-iStock

<歌手に判事、ユーチューバーまで──。年間グーグル検索数トップ10の彼らはいつ、どうして人々の好奇心をかき立てた?>

10位 カーディ・B

急上昇の週:4月8〜14日

nww-190208-NW_PPL_10.jpg

MIKE BLAKEーREUTERS

大ブレイクのラッパーは4月に発表したデビューアルバム『インベージョン・オブ・プライバシー』が大ヒット。7月には夫オフセットとの間の第1子を出産し、12月には離婚を発表するという、ジェットコースターのごとき1年を終えた。


9位 リック・ロス

急上昇の週:2月25日〜3月3日

nww-190208-NW_PPL_02.jpg

DANNY MOLOSHOKーREUTERS

ラッパーのロスは3月初め、マイアミの自宅で意識不明で発見され、病院に搬送された。一時は生命維持装置につながれたとも報道されたが、4日後に退院。2011年にも発作で緊急搬送され、健康には気を配っていたと言うが......。


8位 アリアナ・グランデ

急上昇の週:9月2〜8日

nww-190208-NW_PPL_06.jpg

MIKE SEGARーREUTERS

11月の新曲で自身初となる全米シングル1位を達成。8月発表のアルバムの大成功も目を引くが、5月にラッパーのマック・ミラーと別れて間もなく俳優ピート・デビッドソンと婚約し、その後スピード破局、という怒涛の展開が度肝を抜いた。

【参考記事】セレブたちがすぐ契りを交わす理由に同情の余地


7位 アーバン・マイヤー

急上昇の週:7月29日〜8月4日

nww-190208-NW_PPL_09.jpg

USA TODAY SPORTSーREUTERS

スポーツ界のパワハラ、セクハラに風当たりが強まるなか、8月に休職処分を受けた名門オハイオ州立大学フットボールチームのヘッドコーチ。彼自身ではなく、指揮下のアシスタントコーチの家庭内暴力を知りながら放置したことが原因だ。

【参考記事】米体操界で20年以上放置されたセクハラの闇


6位 エミネム

急上昇の週:9月2〜8日

nww-190208-NW_PPL_01.jpg

C FLANIGANーWIREIMAGE/GETTY IMAGES

大物ラッパーは8月に発表したアルバム『カミカゼ』で、ラッパーのタイラー・ザ・クリエイターを「オカマ」と罵り、マシン・ガン・ケリーを侮辱。マシン・ガン・ケリーもエミネム批判のラップを発表し、盛大な泥仕合に発展した。


5位 クロエ・カーダシアン

急上昇の週:4月8〜14日

nww-190208-NW_PPL_08.jpg

STEFANIE KEENAN/GETTY IMAGES FOR FASHION NOVA

お騒がせカーダシアン家の三女が何より注目されたのは、4月の第1子出産直前に恋人で子供の父親であるNBA選手トリスタン・トンプソンの浮気が報道されたこと。一時は破局の噂も流れたが、子供のためにも別れてはいない、らしい。

【参考記事】お騒がせカーダシアン一家、長男ロブのあきれたリベンジポルノ騒動


4位 ローガン・ポール

急上昇の週:1月7〜13日

nww-190208-NW_PPL_05.jpg

MIKE BLAKEーREUTERS

日本の青木ヶ原樹海で撮影した自殺者の遺体動画を17年末に投稿して、年明けから炎上したユーチューバー。8月には同じくお騒がせユーチューバーのKSIとボクシングの試合を行い、観戦料金や動画配信で荒稼ぎした。

ニュース速報

ビジネス

ドルほぼ横ばい、今週は企業決算や小売指標が注目=N

ビジネス

S&Pとナスダック下落、ハイテク大手の下げ重し

ワールド

原油先物1%安、コロナ感染者増加や米中間の緊張懸念

ワールド

「トランプ効果」は報道の自由にマイナス、国連報告者

RANKING

  • 1

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!