最新記事

アメリカ政治

オバマケア憎しで米政府閉鎖

ついに政府閉鎖を招いた民主・共和両党の醜い争いの舞台裏

2013年10月1日(火)17時08分
サラ・ウルフ

時間の浪費 党派対立は株価下落など経済的な悪影響をもたらしている Kevin Lamarque-Reuters

 アメリカ連邦議会では先週から今週にかけ、2014会計年度(13年10月〜14年9月)の暫定予算案をめぐる議論と非難の応酬が続いていた。だが30日までに与野党の溝が埋まることはなく、10月1日に政府機関が一部閉鎖される事態となってしまった。

 議論の争点は、バラク・オバマ大統領が進めてきた医療保険改革(オバマケア)だ。29日にはオバマケアの1年延期を盛り込んだ予算案を共和党が多数を占める下院が可決したが、民主党が多数を占める上院はこれを否決。共和党議員で下院議長のジョン・ベイナーは「あっけにとられるほど傲慢」と非難した。

 争いはそれ以前から繰り返されていた。下院がオバマケア関連予算を除外した予算案を可決すれば、上院は27日にこれを否決してオバマケア予算を復活させる予算案を可決。29日に下院を通過したオバマケアの1年延期という予算案について上院は、最初から拒否する姿勢を明らかにしていた。

 結局は「どちらが先に折れるか」という問題だったのだが、政府閉鎖というタイムリミットまでに民主党と共和党が歩み寄ることはなかった。

 民主党からすれば、30日にオバマケアを復活させる予算案を上院が再び可決した時点で、1996年以来初めての政府閉鎖という事態を招くか、妥協するかの選択を、下院の共和党側に委ねた形だった。一方の共和党は政府閉鎖になっても、責任は自分たちではなく、民主党側にあると主張した。

「政府閉鎖になったとしても、責任は(民主党の)ハリー・リード上院院内総務の絶対主義的な姿勢にあり、それはアメリカ国民を人質にとるような行為だ」と、共和党の反オバマケアの急先鋒、テッド・クルーズ上院議員はインタビューで語った。リードは「譲歩するつもりも、議論をするつもりもない。オバマケアへの予算は何があっても100%確保するつもりで、政府閉鎖もやむなしという考えだ」。

 クルーズは上院で先週開かれていた集中審議の中で、合計21時間にもわたってオバマケアを中傷し続け、その内容は世界中で報じられた。だが29日の時点では、クルーズもほかの共和党議員たちも、政府閉鎖を招くまで妨害的な行動を続けるつもりかどうかは明言しなかった。

 実は現在の与野党の対立は、さらに重大な争いの前触れでしかない。オバマ政権は、16兆7000億ドルという現在の連邦政府債務の上限額を引き上げる考えだが、これにも共和党は反対している。

 10月半ばまでにこの問題が解決しなければ、アメリカ政府が不渡りを出す事態を引き起こす可能性がある。それによってもたらされる米経済の機能不全と世界経済への衝撃は、今回の政府閉鎖をはるかに上回るものとなるだろう。

From GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月