最新記事

米安全保障

アメリカで再燃した先制攻撃論

先制攻撃も辞さないとする「ブッシュ・ドクトリン」と核を持たせて封じ込める立場の確執が表面化

2013年3月14日(木)15時40分
ピーター・バイナート(政治評論家)

軋轢 ヘーゲル(右)を国防長官に指名したオバマも対イラン攻撃の可能性を表明した Kevin Lamarque-Reuters

 チャック・ヘーゲル元共和党上院議員を米国防長官に起用する人事案が先週、やっと上院で可決された。共和党の反対が強く指名承認は難航したが、いろいろな意味でばかばかしい出来事が多かった。

 今のアメリカにとって、地政学上の最大のライバルは中国。なのに上院軍事委員会の7時間半に及ぶ公聴会で、共和党委員が中国に言及したのは1回だけ。それも、ヘーゲルがイスラエルに批判的な人物と一緒に訪中した、という話の中でだ。

 反対にイスラエルは137回も言及された。委員らがヘーゲルに向かって、「親イスラエルのロビー団体が、上院に過度の影響力を及ぼしている」と言った過去の発言を撤回しろ、と迫ったのもばかばかしい。反同性愛のはずの保守派活動家らが、「同性愛者の権利をもっと大切にしろ」と「同志」ヘーゲルを突き上げたのはまさに茶番だ。

 しかし今回の騒動には、もう1つの重要な問題が潜んでいる。9・11テロ後にブッシュ大統領(当時)が打ち出した、国家安全保障の新戦略「ブッシュ・ドクトリン」をめぐる政策論争だ。

 ブッシュは、冷戦期の対ソ連封じ込め政策や核による抑止戦略ではテロ組織や「ならず者国家」に対応できないとし、必要なら先制攻撃を行うとしていた。02年の演説ではこう述べている。「守るべき国家も国民も抱えていない、実体のよく分からないテロ組織網に対して抑止戦略は無力だ。乱心した独裁者が大量破壊兵器をミサイルに搭載したり、ひそかにテロ組織に提供できるようなとき、封じ込め戦略は不可能だ」

ヘーゲルが唱えた異議

 ブッシュは02年10月、議会で対イラク攻撃容認決議を取り付け、フセイン政権を打倒した。だが間もなく、将来の危険を防ぐための「予防戦争」は思い上がりだったことが判明した。フセイン政権の核兵器開発という戦争の大義が誤りだった上、アメリカはイラクを支配するために巨額の資金を費やし、数千人の米兵の命を犠牲にした。

 しかし民主党は04年、08年の大統領選で、封じ込めと抑止は時代遅れというブッシュの主張に反論しなかった。共和党の圧力などもあってオバマ大統領も結局、イランの核開発を制裁と外交で止められなければ予防戦争を選ぶ、と表明するに至った。

 ここでヘーゲルの問題に戻るが、彼はまさにこのブッシュ・ドクトリンに異議を唱えた。イラク戦争の教訓として、予防戦争は制御不可能で危険なものだと主張したのだ。もちろんヘーゲルも、イランに核武装を許すのがいいとは思っていない。予防戦争を仕掛けるよりは抑止と封じ込めで対抗するほうがましだと示唆しただけだ。

 タカ派は2つの理由で反発した。まず、イランがイスラエルを脅かす不安がある。それにアメリカの限界を認めるわけにはいかない。核拡散を止められないのは国として凋落している証拠と彼らは考える。

 だがアメリカは、唯一の核保有国という地位を失ったときも衰退しなかった。冷戦は核よりも、政治・経済体制に関する争いだったからだ。イランも核兵器の有無はともかく、民衆に自由とチャンスを与えなければ地域の覇権を握れないだろう。中東におけるアメリカの影響力も、財政力と大義次第だ。イランを軍事攻撃すれば、その両方が損なわれる可能性がある。

 ヘーゲルも、公聴会でそれを言ってくれればよかった。指名承認まで散々たたかれた彼は、就任後はさらに口が重くなりそうだ。2期目のオバマ政権もブッシュ・ドクトリンに流されてしまうのだろうか。

[2013年3月12日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中