最新記事

米安全保障

アメリカで再燃した先制攻撃論

先制攻撃も辞さないとする「ブッシュ・ドクトリン」と核を持たせて封じ込める立場の確執が表面化

2013年3月14日(木)15時40分
ピーター・バイナート(政治評論家)

軋轢 ヘーゲル(右)を国防長官に指名したオバマも対イラン攻撃の可能性を表明した Kevin Lamarque-Reuters

 チャック・ヘーゲル元共和党上院議員を米国防長官に起用する人事案が先週、やっと上院で可決された。共和党の反対が強く指名承認は難航したが、いろいろな意味でばかばかしい出来事が多かった。

 今のアメリカにとって、地政学上の最大のライバルは中国。なのに上院軍事委員会の7時間半に及ぶ公聴会で、共和党委員が中国に言及したのは1回だけ。それも、ヘーゲルがイスラエルに批判的な人物と一緒に訪中した、という話の中でだ。

 反対にイスラエルは137回も言及された。委員らがヘーゲルに向かって、「親イスラエルのロビー団体が、上院に過度の影響力を及ぼしている」と言った過去の発言を撤回しろ、と迫ったのもばかばかしい。反同性愛のはずの保守派活動家らが、「同性愛者の権利をもっと大切にしろ」と「同志」ヘーゲルを突き上げたのはまさに茶番だ。

 しかし今回の騒動には、もう1つの重要な問題が潜んでいる。9・11テロ後にブッシュ大統領(当時)が打ち出した、国家安全保障の新戦略「ブッシュ・ドクトリン」をめぐる政策論争だ。

 ブッシュは、冷戦期の対ソ連封じ込め政策や核による抑止戦略ではテロ組織や「ならず者国家」に対応できないとし、必要なら先制攻撃を行うとしていた。02年の演説ではこう述べている。「守るべき国家も国民も抱えていない、実体のよく分からないテロ組織網に対して抑止戦略は無力だ。乱心した独裁者が大量破壊兵器をミサイルに搭載したり、ひそかにテロ組織に提供できるようなとき、封じ込め戦略は不可能だ」

ヘーゲルが唱えた異議

 ブッシュは02年10月、議会で対イラク攻撃容認決議を取り付け、フセイン政権を打倒した。だが間もなく、将来の危険を防ぐための「予防戦争」は思い上がりだったことが判明した。フセイン政権の核兵器開発という戦争の大義が誤りだった上、アメリカはイラクを支配するために巨額の資金を費やし、数千人の米兵の命を犠牲にした。

 しかし民主党は04年、08年の大統領選で、封じ込めと抑止は時代遅れというブッシュの主張に反論しなかった。共和党の圧力などもあってオバマ大統領も結局、イランの核開発を制裁と外交で止められなければ予防戦争を選ぶ、と表明するに至った。

 ここでヘーゲルの問題に戻るが、彼はまさにこのブッシュ・ドクトリンに異議を唱えた。イラク戦争の教訓として、予防戦争は制御不可能で危険なものだと主張したのだ。もちろんヘーゲルも、イランに核武装を許すのがいいとは思っていない。予防戦争を仕掛けるよりは抑止と封じ込めで対抗するほうがましだと示唆しただけだ。

 タカ派は2つの理由で反発した。まず、イランがイスラエルを脅かす不安がある。それにアメリカの限界を認めるわけにはいかない。核拡散を止められないのは国として凋落している証拠と彼らは考える。

 だがアメリカは、唯一の核保有国という地位を失ったときも衰退しなかった。冷戦は核よりも、政治・経済体制に関する争いだったからだ。イランも核兵器の有無はともかく、民衆に自由とチャンスを与えなければ地域の覇権を握れないだろう。中東におけるアメリカの影響力も、財政力と大義次第だ。イランを軍事攻撃すれば、その両方が損なわれる可能性がある。

 ヘーゲルも、公聴会でそれを言ってくれればよかった。指名承認まで散々たたかれた彼は、就任後はさらに口が重くなりそうだ。2期目のオバマ政権もブッシュ・ドクトリンに流されてしまうのだろうか。

[2013年3月12日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

JPモルガン、配当停止も 今年は「深刻な景気後退」

ワールド

南ア経済、20年は最大で4%縮小 新型コロナで=中

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ワールド

中国で限定的な経済回復の兆し、新型コロナ再発に警戒

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月