最新記事

コミック

スヌーピー60年目に明かす作者秘話

チャーリー・ブラウンなどでおなじみの漫画『ピーナッツ』の生みの親、チャールズ・シュルツの知られざる素顔と制作秘話を妻ジーニーに聞いた

2010年10月4日(月)15時37分
小暮聡子(本誌記者)

アイデアの宝庫 シュルツ(左上)は「どうしたら面白い漫画になるか理解していた」と、妻ジーニーは語る(米カリフォルニア州サンタローザのチャールズ・シュルツ・ミュージアムにて) (左上)Photo by Jean Schulz courtesy of the Charles M. Schulz Museum and Research Center, Photo by Koichiro Hayashi ©2010 Peanuts Worldwide LLC

 10月2日、連載開始から60周年を迎えた漫画『ピーナッツ』。大人は一人も登場せず、口が達者な子供たちが失敗や不安に悩まされながら遊ぶ姿を描いたこの作品は、今も世界75カ国の2200紙以上で連載され、キャラクター商品の年商は20億ドルに達する。10年前に他界した作者チャールズ・シュルツの意外な素顔や制作秘話を、妻のジーニー・シュルツに聞いた。

*****


―シュルツはどんな人だったか。

 仕事にとりつかれているようだった。それはもう、想像を絶する熱中ぶりだった。考えているのは、いつも漫画のことばかり。車に乗っていても無口なときは、キャラクターのことを考えているとすぐに分かった。仲の良い友人とホッケーやテニスをするのも好きだったけど、何をするにも真剣勝負。あくまでも勝つことにこだわった。

―シュルツは50年近い間、アシスタントも使わずに1人で毎日漫画を描き続けた。

 彼はとにかく漫画が好きだった。どうしたら面白くできるか理解していた。競争心がとても強く、(数人の漫画家が交代で連載する)新聞ページで一番面白い漫画を描きたいと思っていた。日曜版などに掲載される他の漫画家の作品を見て、「おい、どうして彼はこんなにどうしようもない漫画を描けるんだ? 私は自分の作品がとても誇らしいよ」と言っていた。

―シュルツの一番お気に入りのキャラクターは?

 全部好きだったけど、自分にアイデアを与えてくれないキャラクターたちは消えていった。チャーリー・ブラウンは好きだとよく言っていた。近所にいたらいい友達になれそうだと。

 スヌーピーのこともよく話していた。スヌーピーは想像力をかきたてるから、毎日でも描けると。ただし、そうなると(スヌーピーの存在感が大きくなりすぎて)『ピーナッツ』の物語全体を支配しかねない。だから、他のキャラクターとのバランスを保つよう注意しなくてはいけないと言っていた。

 スヌーピーは、誰もが持っている想像力を投影した存在だと思う。私たちは皆、実際には怖くてできないことでも、できると想像したい。実際にやるのは嫌だし、危険を冒したくはないんだけど。でも、スヌーピーはリスクを恐れない。自分の殻を破って何でもやってみる。

―今年、『ピーナッツ』のライセンスを管理するユナイテッド・メディア社をアイコニックス・ブランド・グループが買収した際、あなたを含めたシュルツの遺族がライセンス資産の20%を買い取った。シュルツも生前、ライセンス獲得を望んでいたのか。

 スパーキー(シュルツの愛称)は70年代後半、(作家としての権利をめぐって)ユナイテッド・メディアと対立したことがあった。当時、ライセンスを買い取る話も出たが、彼は自分でライセンス事業なんてやりたくなかった。

 結局、「自分の権利を認めてくれないならもう描かない」と宣言して、自分が描くことをやめた後に第三者が創作を引き継ぐことを認めない権利や、キャラクター商品などに使われる絵を自分で管理する権利を認めさせた。スパーキーが亡くなってからは、私たち遺族がこの権利を引き継いだ。

―その権利のおかげで、シュルツの死後に「続編」が勝手に作られることもなかった。しかし新しい漫画が描かれないという状況で、今後どう事業を展開していくのか。

 若い世代のファンとの接点を広げていくには、新しいメディアの活用が欠かせない。そうしたメディアは(新聞で連載する)漫画とは違うけれど、キャラクターの世界観を壊さない限り、これまでの作品を再び生かす手段になり得る。50年分の作品があるのだから、材料には事欠かない。

ニュース速報

ビジネス

英財務相、雇用支援策を延長 23年に法人税率引き上

ビジネス

GMが北米3工場生産休止を再延長、ブラジル工場も 

ビジネス

みずほのATMまた障害、29台が3分間停止 ハード

ビジネス

ECB、利回り上昇に債券購入増額で対応可能=独連銀

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれがある、とのシミュレーション結果

  • 4

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 5

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 6

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 7

    聞こえてきた英連合王国分裂の足音

  • 8

    部下が適応障害? 親身に相談に乗り、仕事を減らし…

  • 9

    習近平国賓来日は延期でなく中止すべき

  • 10

    秘蔵っ子辞任「縁故主義」のブーメランが菅政権に突…

  • 1

    バブルは弾けた

  • 2

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 5

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 6

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 7

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。…

  • 8

    トルコ宗務庁がトルコの有名なお土産「ナザール・ボ…

  • 9

    大口投資家がビットコインの買い占めに走り、個人投…

  • 10

    コロナ危機が招いた株価バブルは2021年に終わる

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月