最新記事

米軍

オバマの勝利なき「イラク撤退」宣言

大統領は公約どおり米軍戦闘部隊の8月末撤退を確認したが、イラクは「アメリカ人にとって」安全になっただけだ

2010年8月3日(火)18時41分
ダニエル・ストーン(ワシントン支局)

公約達成へ イラク市民の犠牲者はまだ多いが、オバマは治安の改善を強調(8月2日、ジョージア州アトランタ) Jason Reed-Reuters

 あと4週間で、イラクに駐留する米軍のうち最後の戦闘部隊が撤退する。バラク・オバマ米大統領の選挙中の公約である「就任後16カ月以内の戦闘部隊の撤退」を実現しようというわけだ(実際には19カ月たつが、まあ許容範囲だろう)。

 戦闘部隊の撤退後にイラクに残る米軍は、治安維持とイラク治安部隊の訓練とに従事する5万人だけになる。この5万人が11年末に撤退すれば、駐留米軍は完全にいなくなる。

 だが、米軍はイラクから撤退して本当に大丈夫なのだろうか。オバマは8月2日、ジョージア州アトランタで、イラクとアフガニスタンで戦った退役軍人らを前に演説し、イラクでは現在も死者が出続けているが、暴力は大幅に減り、米軍は攻撃をほぼ免れていると述べた。

 確かに、今も米兵が反政府武装勢力の攻撃にさらされているアフガニスタンに比べると、イラクは少しずつ安定してきている。かつてはイラク駐留米軍の任務は治安維持だったが、その任務はイラク軍を補強することに変わった。イラク軍は自力で任務を遂行できるようになったように見える。

「公約どおり、8月31日までにアメリカの戦闘部隊をすべてイラクから撤退させる」とオバマは語った。「われわれが実行していることは約束どおり、スケジュール通りだ」

 それ自体は納得がいく話だし、米軍撤退という結末も悪くない。しかし、勝利を宣言するやり方としてはおかしい。

市民にとってはアフガンより危険

 実際のところ、一般市民にとってイラクはアフガニスタンより危険な場所だ。AP通信がイラク政府から入手した推計によると、7月にイラクで殺された市民は350人。アフガニスタンでの犠牲者はこれより少ない270人だった。

 けがをした市民についても同様で、イラクでは680人、アフガニスタンでは600人と、イラクの方が多い(それぞれの実際の数字はわずかではあるが少ないと、複数の米政府当局者は主張)。イラク政府当局者はAP通信に対し、7月は過去2年間で犠牲者が最も多い月だったと指摘している。

 それでもイラクがアフガニスタンと違うのは、イラクには治安維持の基盤があって、少なくとも再建の段階が一歩進んでいるということだ。イラクの治安維持部隊は暴力を抑えるのに苦労しているが、本誌が報じたアフガニスタン警察の体たらくに比べれば、はるかに成功してきた。

 イラクには、例えばイスラム教シーア派住民が広範囲で攻撃されている北部など、暴力がはびこる地域が残っている。だがオバマ政権の主張の中で最も重要なのは、昨年夏にイラク都市部から米軍が撤退したのに、都市部が混乱状態に陥らなかったということだ。それなら今から1年後に、イラク治安部隊が地方で反政府武装勢力に対抗できるようになっている、と考えるのは妥当だろう。

 イラクが前より安全になったという主張は証明しにくいし、勝利を宣言する方法としてはおかしい。より正確には、イラクは「アメリカ人にとって」安全な場所になったと言うべきだ。米軍の駐留がもはや必要ない理由も、それで理解できる。

 オバマは曖昧な言葉で成功をアピールしたが、それは勝利宣言というより、正当な戦いを続けてくれる「ほかの誰か」の訓練に成功したと宣言したようなものだ。彼らがその戦いに勝てるかどうか、私たちはただ必死で祈るしかない。

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月