最新記事

家族

「目が見えるうちに、美しい記憶で満たしてあげたい」家族で分かち合う世界旅行へ

Taking Them Around the World

2022年11月18日(金)14時25分
イーディス・ルメイ(カナダ・モントリオールの4人の母)

ルメイ(右から2人目)と夫は仕事を辞め、子供たちと旅に出た EDITH LEMAY

<4人の子のうち、3人が網膜色素変性症と診断される。両親は仕事をやめて、子供たちと家族全員で世界一周旅行へ。状況を受け入れ、前を向いて生きていくとは?>

娘のミアの視力に問題があると気付いたのは3歳の頃。夜中に起きると、家具や壁にぶつかる。薄暗い所で物を渡しても、それが見えない。

検査を受けても結果は陰性で、何の病気か分からない。網膜色素変性症という診断が出たのは4年後だった。

私たちには現在11歳のミア、レオ(9)、コリン(7)、ローラン(5)の4人の子供がいるが、ミア、コリン、ローランの3人がこの病気だ。

網膜色素変性症は網膜の細胞が徐々に壊死する病気なので、3人は徐々に視野が狭くなり、視力を失っていく。日中の視力は問題ないが、薄暗くなるとほとんど見えない。

私たちの最初の反応は、不信感とショックだった。最初は信じられず、怒りが込み上げ、解決策を求めて走り回り、そして悲しみに打ちひしがれた。でも、最後は現実を受け入れるしかない。受け入れて初めて前に進むことができる。

専門家はできるだけ多くの画像を覚えさせ、視覚的記憶を満たしてやることが一番だと言った。例えば本の中の象やキリンを見せて、視力を失った後もその姿を思い浮かべられるようにするとか......。

それを聞いてピンときた。本物の象やキリンを見せてやろう。そうすれば絶対に忘れないはず。夫のセバスチャンと私は仕事を辞め、子供たちと世界を旅することにした。子供たちの視覚的記憶をできるだけ多くの美しいもので満たしてやりたいと思った。

前を向くことが大切

出発の予定は2020年7月だったが、パンデミックのせいで断念。それから2年間はひたすら待った。最終的にどの国が入国可能かを調べ、ナミビアまでの航空券を予約して、今年3月に旅程を決めないまま旅立った。

ナミビアからザンビア、タンザニアへ陸路で移動。7月はトルコに1カ月滞在して、モンゴルで6週間過ごしてからインドネシアのバリ島に飛び、今もインドネシア国内にいる。

ここに2カ月ほど滞在したら、しばらくマレーシアに行き、タイ、ベトナム、ラオス、カンボジアに足を延ばすつもりだ。ただし、正確な日程はまだ決めていない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

韓国、トラック運転手の職場復帰命令拡大 鉄鋼・石油

ワールド

香港、コロナ感染者・濃厚接触者の隔離期間を短縮へ=

ワールド

ペルー議会、カスティジョ氏罷免 副大統領が初の女性

ビジネス

米、CO2排出量連動型の鉄鋼・アルミ関税を提案

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 10

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月