最新記事

日本文化

日本一「激しい」闘牛はここ、世界遺産登録前に見に行こう

2018年1月25日(木)19時05分
Pen Magazine International

Photos: Pen Magazine International

<重い牛は軽自動車より重く、強い牛は1頭1000万円以上もする――。闘牛に人生を捧げる闘牛ファイターたちが暮らす島へ>

世界遺産に登録された途端、イッキに増えるのが観光客。登録される前に行っときゃよかった......と思うことってないだろうか?

いま日本政府は「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」を世界自然遺産登録に向けてユネスコ(国連教育科学文化機関)に申請中だ。そんな中、今夏に登録される前に、ぜひ訪れてほしい場所が鹿児島県・徳之島。高い出生率を誇る島として聞いたことがある方もいるかもしれない(島で唯一の空港の愛称も「徳之島子宝空港」という)。

peninter180125-2.jpg

でも、本当に知ってもらいたいのは、徳之島の男たちが夢中になっている闘牛だ。日本における闘牛は、沖縄や愛媛にもある。しかし、この徳之島の闘牛の戦いがもっとも激しいと言われているのだ。

そんな闘牛に人生を捧げる徳之島の闘牛ファイターのドキュメンタリームービーが、日本のカルチャーを海外に発信するPenの国際版ウェブサイト「Pen Magazine International」(pen-online.com)で公開された。

peninter180125-3.jpg

作品は、大会に向けてトレーニングを行う牛主のストーリーから始まる。闘牛の試合はボクシングのように階級別になっていて、いわゆるヘビー級にあたる最重量級では、体重が1トンを超える牛もいる。軽自動車の車重が約750キロだから、それよりも大きい牛同士が戦う迫力は推して知るべし。

peninter180125-4.jpg

また、強い牛は、なんと1頭あたり1000万円以上で取り引きされることもあるとか。牛のエンブレムをつけたランボルギーニの中古車を買うことと、さほど変わらないスケールだろう。

いや、その後の飼料代や手間を考えると、ランボルギーニどころの話ではない。つまり、この島の闘牛ファイターたちは、それだけ闘牛に人生を賭けているのである。

ニュース速報

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

ビジネス

増発圧力続く米国債市場、利回り押し上げか

ビジネス

金融庁、マネロン対策強化で官民連絡会 3月に初会合

ビジネス

バフェット氏の株主宛て手紙、今年は米経済楽観論見直

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 3

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

  • 4

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 5

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    仮想通貨クライシス、それでも成長は止まらない

  • 10

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 6

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 7

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 7

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 10

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月