最新記事
セレブ

請求書には「ドナルド・ジャッド風」と明記...キム・カーダシアン、模倣作品を「本物」と紹介した動画で訴えられる

2024年4月1日(月)13時50分
千歳香奈子
キム・カーダシアン

キム・カーダシアン(2023年4月、ニューヨーク) lev radin-Shutterstock

<2022年に公開され、現在は削除されている問題の動画で「これらのドナルド・ジャッドのテーブルは本当に素晴らしい」などと語るも、低品質な偽物だったことが判明。財団の会長でドナルドの娘であるレイナー・ジャッドは声明でキムを非難した>

ゴシップクイーンとして常にメディアの注目を集めるキム・カーダシアンが、2年前に投稿したYouTube動画の中で著名アーティストの模倣作品を「本物」として宣伝したとして3月27日に提訴された。

●模倣作品を「ドナルド・ジャッドの作品」と紹介したキム・カーダシアンの2年前の問題映像

ことの発端は2022年に下着ブランドSKIMSやコスメブランドSKKN BY KIMを展開するキムが、自身のオフィスを紹介するツアー動画を公開したこと。その中でキムは、「ミニマル・アート」の先駆者として知られる故ドナルド・ジャッドの作品だとして自慢の大きな木製テーブルセットを紹介していたが、実際にはこれが偽物だったとしてドナルド・ジャッド財団から訴えられたのだ。

問題の動画はすでに削除されているが、キムは「これらのドナルド・ジャッドのテーブルは本当に素晴らしい」「椅子はテーブルに完全に溶け込んでいる」と語り、シンプルなフォームの天才と称賛されているなどと紹介していた。

しかし、このテーブルはキム自身がインテリアデザイン会社クレメンツ・デザインに制作を依頼した低品質な偽物だったことが判明。最初に報じたニューヨーク・タイムズ紙によると、同財団はクレメンツ・デザインとキムを、商標と著作権の侵害で訴えたという。

「ドナルド・ジャッド風」と明記された請求書のコピーも

カリフォルニア州連邦裁判所に提出された訴状で同財団は、キムが虚偽の推薦をしたと主張。「(動画を見た)消費者は、ジャッド財団とドナルド・ジャッドのブランドがカーダシアンと関係がある、または提携している、あるいはスポンサーもしくは支持していると信じる可能性が高い」と述べている。また、財団は顧客が購入した家具をマーケティングやプロモーション目的で使用することを断固禁じているとも説明している。

1994年に亡くなったドナルドは、過度な装飾を省いて最小限の要素で本質を表現することで知られ、作品はニューヨーク近代美術館やロンドンのテートモダン美術館などでも展示されている。

財団の会長でドナルドの娘であるレイナー・ジャッドは声明で、「本物ではない家具が存在すると、オリジナル作品の完全性が損なわれる」と述べ、キムを非難。一方のクレメンツ・デザイン側は、訴訟は不意打ちだったと述べ、「明らかな重要な相違がある」と反論している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米国防長官、中東の安定強調 イスラエルなどと電話協

ビジネス

中独は共通基盤模索すべき、習主席がショルツ首相に表

ビジネス

中国GDP、第1四半期は前年比5.3%増で予想上回

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援を別個に審議へ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中