最新記事
音楽

「注目集めに利用」批判も...カニエ・ウェスト新曲MVに娘ノースが登場、堂々披露の「ラップ」シーンが話題に

2024年2月14日(水)15時50分
千歳香奈子
キム・カーダシアン、娘のノース、カニエ・ウェスト

左からキム・カーダシアン、娘のノース、カニエ・ウェスト Entertainment Tonight-YouTube

<カニエ・ウェストの新曲MVに10歳の娘ノース・ウェストが初登場。堂々としたパフォーマンスを披露するも評価はまちまち?>

お騒がせラッパーのイェことカニエ・ウェストが、タイ・ダラー・サインとコラボレーションしたアルバム「Vultures」のリリースに先駆け、新曲「Talking/Once Again」のミュージックビデオ(MV)を2月7に公開。2022年に離婚したキム・カーダシアンとの間の長女ノースと親子共演を果たし、「アイス・スパイスよりずっと良い」「ノースはキムではなく、カニエの血を引いている」など評価するコメントから、「ひどすぎる」「ビデオも曲もゴミ」といった批判まで、賛否両論を呼んでいる。

【動画】華麗なるリップシンク...父の新曲MVに出演したノースの堂々たる「ラップ」シーン

「血は争えない」という慣用句があるが、ノースはMVの中でブレイズを編んでもらいながらトラックに合わせて堂々とした佇まいで口パク。父カニエの耳元でささやく場面や肩車されてカメラを見つめるシーンなども登場し、前半は生き生きとラップするノースがフィーチャーされている。

MVは2本立てになっており、ノースがラップをリップシンクするシーンから突如ゴスペル調に切り替わった後半は、タイが娘ジェイリン・グリフィンと親子共演している。

「注目集めに娘を利用」との批判も

MV登場は初めてだが、ステージではすでにカニエと共演を果たしている。昨年12月にフロリダ州マイアミで行われたタイとのデュエットライブに出演していたほか、2月11日にラスベガスで行われたイベントでもステージ上にノースの姿があった。

カニエは自身のインスタグラムにもノースと初共演したMVを投稿しており、コメント欄には、「どれだけ父親を愛しているのか分かる」「ノースはイェの最高傑作」「最高のパフォーマーになると思う。表情が素晴らしい」「パパっ子」「プロフェッショナル」などの書き込みがあり、将来性があると感じたユーザーも多かった。

一方、「キムは娘が父親になついているのが面白くないだろう」「ママは悲しんでいると思う」「彼女がその狂った家族から抜け出せますように」「カニエに子育ての資格はない」という声や、注目を集めるために娘を利用しているなど批判も寄せられている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ、23年度は世界販売・生産が過去最高 HV好

ビジネス

EVポールスター、中国以外で生産加速 EU・中国の

ワールド

東南アジア4カ国からの太陽光パネルに米の関税発動要

ビジネス

午前の日経平均は反落、一時700円超安 前日の上げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 7

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中