最新記事
セレブ

世界最高峰プロポーションの競演...キム・カーダシアンとイバンカ・トランプ、魅惑ドレスの大迫力ツーショット

Ivanka Trump's Photo With Kim Kardashian Sparks Fury

2024年1月4日(木)20時33分
ライアン・スミス
イバンカ・トランプ

Ovidiu Hrubaru/Shutterstock

<トランプ前大統領の娘イバンカが、「お騒がせセレブ」キム・カーダシアンと一緒にパーティーを楽しむ様子をSNSにアップ>

ドナルド・トランプ前米大統領の長女イバンカ・トランプが、キム・カーダシアンとパーティーに興じている写真をインスタグラムに投稿した。抜群のプロポーションで知られる2人のツーショットだけに、妖艶なドレス姿の美しさを称賛する声も上がったが、一方でイバンカのフォロワーからは怒りのコメントも殺到する事態となった。

■【写真】「世界最高峰プロポーション」...米スーパーセレブ2人が、魅惑のドレス姿で見せた大迫力「美の曲線」

これはイバンカが2023年末にラスベガスのカジノ、フォンテーヌブロー・ラスベガスのグランドオープニングパーティーに出席したときの写真。イバンカとキムは、ともに自らの体型を強調するようなドレス姿で写真に納まっている。

パーティーには他にも、カーダシアンの異父妹のケンダル・ジェンナー、トム・ブレイディ、レニー・クラヴィッツ、シェール、シルベスター・スタローン、アリス・クーパー、ディタ・フォン・ティース、『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンとアーロン・ポール、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のイアン・サマーハルダーとポール・ウェズレイなど、そうそうたる顔ぶれが集まった。

VIPゲストらは67階建て、総客室数3644室というこのカジノホテルを堪能しただけでなく、パーティーではジャスティン・ティンバーレイクのスペシャルパフォーマンスも披露された。

「カーダシアン一家と付き合うのは間違い」

イバンカは、華やかなこの夜の様子を翌日にインスタグラムに公開。ホテル内でポーズを取り、ティンバーレイクのパフォーマンスを楽しみ、カジノフロアを歩く自らの写真や動画と共に、「ビバ、ラスベガス!」と投稿した。

しかしフォロワーたちの反発を買ったのは、カーダシアンと一緒に映った2枚の写真だった。「イバンカとキム。彼女のような人とあなたが一緒にいるのを見るのは悲しい。彼女はあなたの父親を嫌っている」とあるユーザーは投稿した。

「キム・カーダシアンと友達なの? 絶対に信用できない人がまた1人増えた」「カーダシアン一家と付き合うのは間違いで、影響力を広げるどころか狭めてしまう」というコメントもある。

別のユーザーは、カーダシアンとの写真はイバンカが「多くのリベラルな面」を持つ証拠であり、「(リベラル派と保守派の)両方にいい顔をしている」と述べた。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中