【全文】元Jr.のカウアン・オカモトが「ジャニー喜多川氏の性加害」会見で語ったこと

2023年4月13日(木)18時23分
大橋 希(本誌記者)

この部屋については、言葉だけで伝わりにくいので、後ほど僕が当時撮影した動画でみなさんに見てもらいます。初めて泊まったその日は、ジャニーさんから性的行為を受けることはありませんでした。

当時、僕は中学校3年生で愛知県の実家で暮らしていたので、その後も仕事があるたびに東京に行きました。 仕事が夜遅くに終わることもあり、ジャニーさんのマンションに泊まることが何度かありました。初めて性行為を受けたのは2012年3月、中学を卒業する直前だったと記憶しています。その日も仕事が遅くなって、ほかのジュニアたちとジャニーさんのマンションに泊まることになりました。

リビングでみんなで出前を取って夕食を食べました。その後、ジャニーさんが僕のそばに来て、肩をマッサージすると「カウアン、早く寝なよ」と言われました。僕はジャニーズ事務所に入るまでは、ジャニーさんがジャニーズJr.たちに性的行為を行っているということは全く知りませんでした。しかし、Jr.になってから、先輩たちからそういう話を聞いたり、僕もインターネットなどで調べ、そういうことがあることを知りました。

カウアン早く寝なよ、とジャニーさんに言われた時に、周囲にいたほかのジュニアたちは「今日はカウアンか」と気付いたと思います。早く寝なよと言われた時に、ジャニーさんの寝室か、そこに近い部屋で寝ないと翌日、ジャニーさんの機嫌がすごく悪くなるということを聞いていました。なので、その日はジャニーさんの寝室から近い部屋で寝ることにしました。 ただ、この部屋には3つベッドがあり、他のジュニアたちも寝ていたので大丈夫かなと思いました。

ジャニーさんは深夜、よくマンションの部屋の中を見回りします。部屋の中のカーテンを閉めたり、寝ているジュニアに布団をかけたり、ジュニアたちが騒ぎ過ぎていないかを見て回るのです。 そして僕が寝ている部屋にジャニーさんのスリッパの足音が近づいてきて、部屋に入ってきました。部屋は真っ暗でしたが、窓のカーテンを閉める時の明かりや廊下から入る光で、誰がどこで寝ているかは把握していたはずです。

僕のベッドに近付いてくると、足元から布団をはぎ取って僕の腰の位置で横に寝ました。僕はその時、ジャニーさんの部屋に用意されている浴衣とパンツを着ていました。ジャニーさんは足のマッサージを始めて、手が段々と上がっていき、パンツの上から性器を触られました。そして僕がパンツを脱がされると直接性器を触られ、その後、ジャニーさんに口淫されました。その間、僕はずっと寝ているふりをしていました。翌日ジャニーさんと出かける時に、エレベーターの中で1万円を渡されました。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トタルとSSE、EV充電の合弁立ち上げへ 英・アイ

ワールド

中国石炭生産、6月は前年比3.6%増 6カ月ぶり高

ビジネス

カカオ豆取引業者、デリバティブで10億ドル超の損失

ワールド

自然破壊阻止へ各国政府は行動強化を、100社以上の
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 9
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 10
    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 10
    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中