最新記事

カルチャー

囁かれる「BTSジョングクはダイアナ妃の生まれ変わり」説...根拠示す動画が話題

Viral Theory Says Princess Diana Was Reincarnated As BTS Star Jungkook

2022年10月23日(日)13時55分
シャノン・パワー

BTS(2022年4月) REUTERS/Maria Alejandra Cardona/File Photo

<今や世界的な人気を誇るBTSだが、ついにメンバーのジョングクが故ダイアナ妃の生まれ変わりだとする「陰謀論」まで飛び出した>

韓国の超人気グループBTSのジョングクが、故ダイアナ元英皇太子妃の生まれ変わりだとする「陰謀説」が、インターネット上で爆発的に広まっている。「生まれ変わり説」を提唱したのはTikTokのあるユーザーで、2人の類似点を入念に見つけ出し、動画で紹介している。

■【検証動画】こんなに共通点が! ネットをにぎわす「ジョングクはダイアナの生まれ変わり」説

TikTok上だけで540万回再生されたこの動画は、2人のウィキペディアのページの画像で始まり、ダイアナが死亡した1997年8月31日と、ジョングクが生まれた1997年9月1日が赤丸で囲まれている。つまりジョングクが、ダイアナの悲劇的な死の翌日に生まれたことを指摘しているのだ。

他にも、左頬骨のあたりにある傷跡が似ていることや、ジョングクとダイアナがどちらも象徴的な微笑みをたたえていることを説明。また、ダイアナが若い頃にダンサーになることを夢見ていたという話と、BTSの中でも特にダンスが得意な「ダンスライン」を担うジョングクの役割に下線が引かれている。

K-POPグループの多くは、リーダー、ボーカル、ラッパー、ダンサーなどの公式ポジションがあり、それぞれの担当によってさらに細分化される。

ジョングクはBTSの「マンネ」、つまり最年少であり、イケメンで、グループの「顔」としての役割も担っている。一方、チャールズ皇太子と結婚したダイアナは、その人気と美貌で「王室を復活させた」と広く信じられていると専門家らは述べている。

居眠りする姿もそっくり?

動画では他にも、ジョングクの右手人差し指にある王冠のタトゥーと、様々なティアラをつけたダイアナの写真の比較もしている。

千鳥格子のコートなど、似た服を着た2人の姿も紹介。チャールズ皇太子が不倫を認めたインタビューが放送された晩にダイアナが身につけた、有名な「リベンジドレス」や、ジョングクが自分たちの主張を証明するために着た黒の服も取り上げられている。

30秒間の動画の最後には、1981年に公務中に居眠りするダイアナ妃と、電車で眠るジョングクの写真が映し出され、2人の寝顔が同じ方向を向いているのは、生まれ変わりの証拠だとしている。

生まれ変わり、あるいは輪廻転生とは、死後に魂が別の肉体の中で新しい人生を始めることができるとする仏教の考えだ。動画にコメントした数多くのユーザーたちもこの話を真に受けた訳ではなさそうだが、一方で怒りをあらわにする人もいた。

「今までで一番面白い陰謀論だ!」とあるTikTokユーザーはコメント。「最初は懐疑的だったけど、こんなにあるとはね」と書いたユーザーもいた。この動画は8月にTikTokに投稿されたが、今月に入ってTwitter上で拡散されたことで、さらに多くの人の目に触れることとなった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、「グリーン」産業支援策を提案 米中に対抗

ワールド

トルコ、スウェーデンのNATO加盟支持せず=エルド

ワールド

ウクライナからのロシア領内への砲撃阻止すべき=プー

ビジネス

米建設支出、22年12月は0.4%減 金利高受け一

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 3

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 子供のノミネートは過去にも

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 7

    本を読まないヘンリー王子の回顧録は「文学作品とし…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    ロシア、ウクライナ東部バフムト近郊で攻勢強める …

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月