最新記事

ジョンのレガシー

骨董商の男性とも交際──オノ・ヨーコが歩んだ40年【ジョン・レノン没後40周年特集より】

2020年12月9日(水)11時30分
ジョン・ジャクソン

衰えぬ存在感 ヨーコは世界を飛び回っ て新しいアート作品を制作し、昔の曲を ダンスナンバーとしてヒットさせる一方、平和と愛の メッセージを広めてきた GETTY IMAGES

<前衛芸術家、ミュージシャン、平和活動家――87歳の今日まで精力的に活動し注目を集め続けてきた。本誌「ジョンのレガシー」特集より>

ジョン・レノンが狂信的なファンのマーク・デービッド・チャップマンに射殺されてから40年。妻のオノ・ヨーコは長い間、世界中を旅し、実に多くの有力美術館や施設のためにアートを制作し、昔の曲をダンスナンバーとしてヒットさせる一方で、新曲のレコーディングも行っている。しかも、レノンの評判を注意深く守り、亡き夫の平和と愛のメッセージを世界に広めようとしてきた。
20201215issue_cover200.jpg
もっとも、ずっとこうした人生を送ってきたわけではない。「しばらくの間は、生き続けることに強い意欲を持てなかった」と、1990年のニューヨーク・デイリー・ニューズ紙のインタビューで述べている。最初の頃は、夫の殺害時に5歳だった息子のショーンのために、どうにか気持ちを奮い立たせていた。「母親として、絶対に生き延びようと自分に言い聞かせていた」

ヨーコは私生活をあまり語らないが、2001年まで20年近く、骨董商の男性と交際していた。推計によれば資産は7億ドル以上。その多くは、夫の音楽活動によるものだ。夫の音楽や似顔絵の使用許可を与える企業は厳選している。無断使用に気付けば裁判に訴える。

ヨーコは現在87歳。今もニューヨークのマンハッタン地区の高級マンション「ダコタハウス」に、つまり40年前にレノンが射殺された場所に住み続けている。ヨーコの社会的活動と芸術活動は常に注目を集めてきた。2010年には、世界平和への貢献を理由に、第8回ヒロシマ賞を受賞している。

この秋、バラク・オバマ前米大統領の妹マヤ・ストロも共同創設者に名を連ねる非営利団体ピース・スタジオは、ヨーコの平和構築への取り組みを評価し、彼女の名前を冠した平和賞の創設を発表した。そのイベントには、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世、俳優のテッド・ダンソン、シンガーソングライターのリアノン・ギデンズらもバーチャル形式で出席した。

前衛芸術家としては、60年代にジョンと出会った頃に最初の絶頂期を迎えたと言えるだろう。当時の作品を集めた回顧展は、ロンドン、東京、コペンハーゲン、ベネチア、オスロなど、多くの都市で開催されているが、ヨーコは新しい作品も制作し続けている。2004年のリバプール・ビエンナーレでは、ジョンの故郷リバプールがヨーコの作品で埋め尽くされた。その2年後には、ロンドンのセントポール大聖堂で、白いロープを光線の束に見立てた作品などが展示された。

ヨーコの代表作の1つが『ウィッシュ・ツリー』。来場者が短冊に願いごとを記して木につるすという作品だ。これまで、ニューヨークやロンドン、ワシントン、サンフランシスコ、東京、ダブリン、ベネチアなどで、この作品が展示されてきた。

ニュース速報

ワールド

イラン外相、核施設の異常事態でイスラエルへの報復を

ワールド

新型コロナ「終息に程遠い」、混乱招く対策が感染の引

ビジネス

IMF、今夏のSDR配分目指す 中所得国支援=筆頭

ワールド

バイデン氏、サイバー・移民問題への対策強化 要職に

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月