最新記事

エンターテインメント

映画やドラマ、バラエティーで炸裂する美魔女パワー ダイバーシティは人種やセクシャリティに留まらず

2020年10月17日(土)19時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

もちろん、現在放送中のドラマでも多くのアラフィフ女優が活躍している。なかでも話題作といえば、9月19日から放送開始され、初回放送から23.3%の高視聴率を記録したKBSの週末ホームドラマ『オー!サムグァンビラ』。この作品に出演中のチョン・インファは1965年生まれの54歳だ。夫と死別後、家政婦として働きながら3人の子供たちを育て上げた強い母親役を演じている。

アラフィフ女優が活躍する韓国エンタ

韓国バラエティー番組でも80〜90年代に活躍していたベテラン女優・タレントたちが復活し、テレビで活躍し始めている。MBCの人気バラエティー番組 『何して遊ぶ?(놀면 뭐하니?)』から誕生したガールズアイドルグループ「払戻遠征隊」のメンバーのひとりオム・ジョンファは、1969年生まれの51歳である。

オム・ジョンファといえば、50代とは思えない美しさとスタイルを維持、またスタイリッシュなファッションで有名な歌手だ。「払戻遠征隊」のその他のメンバー3人、イ・ヒョリ(40代)、ジェシー(30代)、K-POPグループMAMAMOOのメンバーのファサ(20代)と並んでも、見劣りしないかっこ良さで人気を集めている。彼女たちのデビュー曲『DON'T TOUCH ME』は、現在韓国の配信チャートでBTSの『Dynamite』を抑えて1位になるほどの注目ぶりだ。

視聴者の好みの多様化が背景に

KBSで放送中のリアリティー番組 『パク・ウォンスクの一緒に住もう(박원숙의 같이삽시다)』の出演者は、平均年齢68歳だ。ベテラン女優パク・ウォンスクをはじめ、現在独身の歌手や女優たちが、韓国の田舎で同居生活をする姿を追った番組である。一時期テレビから姿を消していたベテラン芸能人が、また復活しバラエティーで素の部分を見せる様子がウケているようだ。

テレビ番組は、コンセプトがはっきりしているため、視聴者のターゲットを絞りやすく、その世代に合わせてキャスティングしている様子がよくわかる。ただし、そればかりでは他の世代から見放されてしまう。

韓国のテレビ業界では、同世代からの共感を得つつも、他の世代を置いてきぼりにせず、支持されるような内容や、ベテランと若手の女優・タレント・歌手たちをバランスよく配置し、お茶の間に届けようとしている。

ニュース速報

ワールド

米、加・メキシコ国境閉鎖を11月21日まで延長 コ

ワールド

米農家補助金が過去最高に、トランプ氏が選挙控え票固

ビジネス

香港証取、アント・グループのIPO承認=関係筋

ワールド

米ハリバートン、4四半期連続赤字 需要急減と原油安

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    日本の科学者は「給料安い」「ポンコツ多い」(一流…

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月