最新記事

エンターテインメント

映画やドラマ、バラエティーで炸裂する美魔女パワー ダイバーシティは人種やセクシャリティに留まらず

2020年10月17日(土)19時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

今、世界ではオーバー45、そしてアラフィフ女優たちが大活躍している。左からソフィア・ベルガラ、ぺ・ジョンオク、イザベル・ユベール Reuters-Danny Moloshok/J-WIDE-COMPANY/Reuters-Eric Gaillard

<米アカデミー作品賞に人種やセクシャリティでの多様性が必要とされる時代、メディアを彩るのは若者だけではない>

今月2日、アメリカの経済誌フォーブスが発表した「この1年間で、世界で一番稼いだ女優」ランキングの1位は、ソフィア・ベルガラだった。2019年6月から2020年6月までで、なんと4300万ドル(約45億4千万円)を稼いだのだという。

ソフィアは72年生まれの48歳だ。人気ドラマ『モダン・ファミリー』のラテン系セクシーママ役と言ったらピンと来る人もいるかもしれない。ちなみに、「世界で二番目に稼いだ女優」にランクインしたアンジェリーナ・ジョリーも、75年生まれの45歳である。

今、世界ではオーバー45、そしてアラフィフ女優たちが大活躍しているのだ。

アラフィフ女優が活躍する韓国エンタ

お隣の国、韓国でも、去年頃から熟年女優たちの活躍が目覚ましい。昨年11月、韓国の人気ラッパーであり、K-POP男性アイドルグループBlock Bのリーダーでもあるジコの新曲『Being left(남겨짐에 대해)』のミュージックビデオに、当時55歳のベテラン女優ぺ・ジョンオクがキャスティングされて話題となった。

ぺ・ジョンオクは、女優としてデビュー後、35年間のキャリアの中でドラマや映画、舞台など100本ちかい作品に出演してきたがミュージックビデオは主演どころか、出演すら初めてのことだったという。ZICOは後にインタビューで「ただ、彼女しか頭に浮かばなかった」と、この曲のキャスティングについて語っている。

大ヒットしたあのドラマにも

今年は、第3次韓国ドラマブームと言われるほど、多くの話題作が登場した。特に、ネットフリックスなどのOTT(ネット配信サービス)配信の後押しもあり、韓国ドラマが様々な言語で翻訳されて、世界各地で大ブームを起こしている。

そんな韓国ドラマ界でも、ここ最近アラフィフ女優の活躍が目覚ましい。今年、最終回視聴率が28.4%と、驚異的な数字を叩き出し、韓国の非地上波の歴代最高視聴率記録を塗り替えたドラマ『夫婦の世界』。このドラマの主人公を演じたキム・ヒエは、1967年生まれの53歳だ。夫の不倫や仲間の裏切りに復讐する、頭のキレる女医役を見事に演じ話題となった。

さらに、去年社会現象を巻き起こしたドラマ『SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜』の主人公、ハン・ソジン役を演じたヨム・ジョンアも1972年の48歳である。話題作の主人公にアラフィフ女優たちが次々とキャスティングされている。

ニュース速報

ビジネス

中国株から資金流出、IT・教育業界の規制強化で警戒

ビジネス

原油先物上昇、米原油在庫が予想以上に減少 コロナ禍

ビジネス

第2四半期の豪CPI、約13年ぶりの高い伸び

ワールド

ワクチン接種でも屋内でマスクを、米が方針転換 感染

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月