最新記事

人生を変えた55冊

『嫌われる勇気』に『Winning Edge』エディー・ジョーンズが戦い方を学んだ良書

2020年8月14日(金)17時40分
エディー・ジョーンズ(ラグビー・イングランド代表監督)

DAN MULLAN/GETTY IMAGES

<かつて日本代表を率いたエディー・ジョーンズは「時間の余裕があるときに貪るように読書する」と言う。ラグビーの指導を目的に本を選ぶことが多く、体が小さい日本人の戦い方も、ある本にヒントを得た。本誌「人生を変えた55冊」特集より>

この仕事をしていると、読書の時間をたっぷり取れる時期もあるけれど、大会期間中は難しい。そのため、時間の余裕があるときに貪るように読書する傾向がある。
2020081118issue_cover200.jpg
私は仕事中心の日々を送っているので、ラグビー指導者としてのパフォーマンスを高める目的で本を選ぶことが多い。ただし、そのまますぐに実践できる方法論を学ぶというより、基本的な考え方を学びたいと思っている。

いつもデスクに置いてある本がいくつかある。そのうちの1つが『ウィニング・エッジ』(邦訳なし)だ。何らかの状況に対処する方法を学びたければ、この本を読めばいい。この点では、最近あるコーチと話していて意見が一致した。


『ウィニング・エッジ』
 ドン・シュラ[著]
 E・P・ダットン(邦訳なし)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

良書とはそういうものだが、この本の有用性は時間がたっても失われていない。今は絶版だと思うが、コーチング本の決定版と言えると思う。

人間の心理に関する本もよく読む。面白くて、いくつか教訓も引き出せるような本が好きだ。例えば、マルコム・グラッドウェルの『逆転!』には刺激を受けた。人生に対する見方が根本から変わるような一冊だ。


『逆転!』
 マルコム・グラッドウェル[著]
 邦訳/講談社

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

小さな少年のダビデが工夫して巨人を倒す物語は、(私が監督を務めた)ラグビー日本代表にも参考になるものだった。私たちはワールドカップで、ほかの国の体格のいい選手たちと戦わなくてはならなかった。以前は、そうした体格の違いが言い訳になっている面があった。「日本人は体が小さいから、勝てるわけないよ」と。この本は、正しい戦略を実行すれば勝てるのだと教えてくれた。

最近はオーディオブックも利用している。毎朝、聴きながら45分間トレーニングをする。『カブス・ウェイ』(邦訳なし)も耳で聴いた。2016年に100年以上ぶりにワールドシリーズを制覇した大リーグのシカゴ・カブスに光を当てた本で、チームづくりに関する素晴らしい知恵が詰まっている。


『カブス・ウェイ』
 トム・バードゥッチ[著]
 スリーリバープレス(邦訳なし)

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

このときカブスは、データ分析を重んじる一方で、人間をよく知っているベテラン監督のジョー・マドンを起用した。彼は就任早々、リトルリーグのような基礎練習を取り入れた。選手たちは最初は疑問を持ったが、おかげで基礎的なプレーの質が向上した。

スポーツチームで高いパフォーマンスを引き出すためには、プレーヤーが互いを信頼し、共通の目的を抱くよう促さなくてはならない。マドンは基礎練習を課すことにより、それを成し遂げたのだ。

【関連記事】日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5冊の本

ニュース速報

ワールド

英でコロナ制限再導入、飲食店の営業時間制限 在宅勤

ビジネス

ECB、来年からグリーン債を担保に受け入れ 購入資

ビジネス

新型コロナ感染増、英経済見通しの脅威=中銀総裁

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

※次号は9/23(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 7

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 8

    EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

  • 9

    トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

  • 10

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 6

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 7

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 8

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月