最新記事

スター・ウォーズ完結編『スカイウォーカーの夜明け』への道のり

カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

The Rise of Skywalker

2019年12月13日(金)21時50分
ニューズウィーク日本版編集部

完結編『スカイウォーカーの夜明け』で、レイが何者かが明かされる ©2019 ILM AND LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED/IMAGE.NET

<公開が迫る『スター・ウォーズ』シリーズの完結編『スカイウォーカーの夜明け』。ファンは素晴らしい締めくくりになるだろうと胸躍らせている。本作について判明していることや予想をまとめた。特別編集ムックより>

『スター・ウォーズ』の誕生は1977年。以来、時代や主役を変えながらも銀河に生きた一族の物語を語り継いできた。その壮大なシリーズに幕が下ろされる時が来た。
2019SWmook_cover200.jpg
故郷の惑星タトゥイーンの空に沈む双子の太陽を眺めるルーク・スカイウォーカー、炭素で冷凍されるハン・ソロ、ルークの父親アナキン・スカイウォーカーと惑星ナブーの元女王パドメ・アミダラの結婚式でのキス......。

『スター・ウォーズ』シリーズの第9作目にして完結編となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(日本公開は12月20日)の公式予告編は、スカイウォーカー家の物語における数々の重要場面のカットから始まる。

これまで多くの特別映像が公開されているが、ファンはおなじみの音楽を聞き、おなじみのキャラクターたちの姿を見て、素晴らしい締めくくりだろうと胸躍らせている。本作について判明していることや予想をまとめてみよう。

mookSW191213skywalker-2.jpg

監督の交代

当初は『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウが監督を務める予定だったが、J・J・エイブラムズに途中交代。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたところでは、プロデューサーのキャスリーン・ケネディがトレボロウの脚本を気に入らず、前々作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を監督したエイブラムズが投入された。

mookSW191213skywalker-3.jpg

レジスタンスのジャナ(ナオミ・アッキー)が新たなキャラクターとして加わる ©2019 ILM AND LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED/IMAGE.NET

新たな登場人物

本作から新たに加わる2人にファンは注目。まずはケリー・ラッセル演じるゾリ・ブリス。ポー・ダメロンの過去と関係がある怪しい人物だ。もう1人はナオミ・アッキー演じるレジスタンスのジャナ。この役については詳しいことが分かっていない。英ドラマ『ドクター・フー』で知られるマット・スミス、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのドミニク・モナハンも出演しているが、役柄は不明だ。

ニュース速報

ビジネス

日本経済、当面は内需主導で回復を期待=西村経済再生

ワールド

豪首相、早期の国境開放を否定 NZとの往来再開は協

ビジネス

政府と連携し企業金融支援、必要なら制度拡充や金利変

ワールド

東京高検検事長の退職金、自己都合なら800万円減額

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月