最新記事

スター・ウォーズ完結編『スカイウォーカーの夜明け』への道のり

カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

The Rise of Skywalker

2019年12月13日(金)21時50分
ニューズウィーク日本版編集部

完結編『スカイウォーカーの夜明け』で、レイが何者かが明かされる ©2019 ILM AND LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED/IMAGE.NET

<公開が迫る『スター・ウォーズ』シリーズの完結編『スカイウォーカーの夜明け』。ファンは素晴らしい締めくくりになるだろうと胸躍らせている。本作について判明していることや予想をまとめた。特別編集ムックより>

『スター・ウォーズ』の誕生は1977年。以来、時代や主役を変えながらも銀河に生きた一族の物語を語り継いできた。その壮大なシリーズに幕が下ろされる時が来た。
2019SWmook_cover200.jpg
故郷の惑星タトゥイーンの空に沈む双子の太陽を眺めるルーク・スカイウォーカー、炭素で冷凍されるハン・ソロ、ルークの父親アナキン・スカイウォーカーと惑星ナブーの元女王パドメ・アミダラの結婚式でのキス......。

『スター・ウォーズ』シリーズの第9作目にして完結編となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(日本公開は12月20日)の公式予告編は、スカイウォーカー家の物語における数々の重要場面のカットから始まる。

これまで多くの特別映像が公開されているが、ファンはおなじみの音楽を聞き、おなじみのキャラクターたちの姿を見て、素晴らしい締めくくりだろうと胸躍らせている。本作について判明していることや予想をまとめてみよう。

mookSW191213skywalker-2.jpg

監督の交代

当初は『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウが監督を務める予定だったが、J・J・エイブラムズに途中交代。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたところでは、プロデューサーのキャスリーン・ケネディがトレボロウの脚本を気に入らず、前々作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を監督したエイブラムズが投入された。

mookSW191213skywalker-3.jpg

レジスタンスのジャナ(ナオミ・アッキー)が新たなキャラクターとして加わる ©2019 ILM AND LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED/IMAGE.NET

新たな登場人物

本作から新たに加わる2人にファンは注目。まずはケリー・ラッセル演じるゾリ・ブリス。ポー・ダメロンの過去と関係がある怪しい人物だ。もう1人はナオミ・アッキー演じるレジスタンスのジャナ。この役については詳しいことが分かっていない。英ドラマ『ドクター・フー』で知られるマット・スミス、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのドミニク・モナハンも出演しているが、役柄は不明だ。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=下落、新型肺炎の拡大防止策巡り経済へ

ビジネス

ドル指数や安全通貨が上昇・元下落、新型肺炎拡大で=

ワールド

新型肺炎、北京で初の死者 世界株安進行 米大統領は

ワールド

加で新型肺炎2人目の感染確認、武漢から帰国の夫婦 

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 3

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 4

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 7

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月