最新記事

インタビュー

『スター・ウォーズ』を描き続けて

2015年12月9日(水)18時30分
安藤智彦(本誌記者)

――確かに、ほかではあまり見ないモチーフが目立つ。

 日本の武士の鎧兜(よろいかぶと)を身に着けたダースベイダーのような『スター・ウォーズ』以外の世界との融合や、レイアやアミダラといったヒロインのバストアップのカット、100体以上のキャラクターが一堂に会した一枚など、ありそうでなかったイメージを掘り起こすのは楽しい。

 黒澤映画や時代劇テイストを好むルーカスの眼鏡にもかなったようだ。屏風(びょうぶ)絵シリーズの『Butterfly』などは、ルーカスに日本文化への憧憬があったからこそ受け入れられたと思う。

――発想のポイントは?

 普通にやってしまうと面白みもオリジナリティーも生まれない。自分の角度から世界をつくり上げ、『スター・ウォーズ』の要素を練り直す。ただし、本道から外れ過ぎないさじ加減も忘れてはならない。一見外れているようでいて、よく見ると「アリだよね」という世界を構築できるかどうか。『スター・ウォーズ』の根本的な世界観をいったん咀嚼した上で、許容範囲のギリギリまで攻めていくイメージで描いている。

――新作『フォースの覚醒』をどう評価する?

 実は私が新作に関して把握している情報は、公式サイトや関連書・雑誌で明らかになっている内容と同じだ。映画を公開前に見る機会はない。これまでもそうだった。

――見ていない映画についてイラストを描くのは大変そうだ。

 自分で集めた資料を基にコンセプトを練り、描いていく。それだけだ。

 もっとも今までのファンと、これからのファンでは見えている世界が違うはず。新作からのファンでも理解できる旧作のイラスト、逆に既存のファンにとっても違和感のない新作のイラスト。チャレンジだが、そうした橋渡しが可能なのもイラストレーションの醍醐味ではないか。

――どんな工夫を?

『エピソード1』から『エピソード6』まではダースベイダーことアナキン・スカイウォーカーの物語だった。彼自身、そして彼のフォースの誕生から死までがつづられている。『エピソード7』で始まる新たな3部作では、彼の物語が次の世代へ受け継がれていくストーリーが柱になると聞いている。ニューズウィークの『スター・ウォーズ』特別号の表紙に提供したイラストでも、そのニュアンスが感じられるように心掛けた(日本版ムックは12月9日発売)。

starwars151209invu2re.jpg

ニューズウィークの『スター・ウォーズ』特別号の表紙で過去6部作と新作のキャラクターが一堂に会している(下2点は制作過程のラフスケッチ) ILLUSTRATION BY TSUNEO SANDA

starwars151209invu3re2.jpg

ILLUSTRATION BY TSUNEO SANDA

starwars151209invu4re2.jpg

ILLUSTRATION BY TSUNEO SANDA

――確かに、ダースベイダーを下敷きに新旧のキャラクターが並んでいる。

 過去の6作品のキャラクターと新作のキャラクターが1枚の絵に集合したカットは、おそらく初めてだ。旧作から新作へ『スター・ウォーズ』の遺伝子が受け継がれていくイメージを訴求したつもりだ。

 ラフスケッチの段階では、旧作のキャラクターが並ぶ上半分をモノクロ調にして色を落とし、手前に並ぶ新作のキャラクターが色鮮やかになっていくグラデーション調の色合いを考えていた。最終的にはフルカラーのイラストになったが、手前になるほど色調が鮮やかになるバランスは残している。

ニュース速報

ワールド

英政府が科学技術振興策、研究から実用化まで後押し

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億7

ワールド

豪首相、州へのワクチン供給加速を約束 接種遅れで

ワールド

米特使、北朝鮮から「前向きな回答」期待 日韓と対応

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月