最新記事

映画

現実は続編『ウォール街』より凄い

金融専門記者がマイケル・ダグラス主演『ウォール・ストリート』を観てあくびをかみ殺した理由

2011年1月28日(金)16時50分
ダニエル・グロス(ヤフーファイナンス経済エディター)

カムバック 刑務所を出たゲッコー(右、ダグラス)は拝金主義を捨てたのか ©2010 TWENTIETH CENTURY FOX

 投資家たちの熾烈なマネーゲームを描いた映画『ウォール街』から23年。続編『ウォール・ストリート』(日本公開は2月4日)で、マイケル・ダグラス演じる主人公ゲッコー(前作より白髪が増えて腹回りに肉がついた)は、際限なき借金文化について大学で講義する。インサイダー取引の罪で8年間の刑務所暮らしを送った後、ゲッコーは説教臭い男に生まれ変わった。「欲望は善だ」というかつての決め台詞も、薄っぺらいキャッチフレーズ「私の本を買いなさい」に取って代わられた。

『ウォール・ストリート』は終始こんな調子だ。緊迫感あふれる展開を加えつつ、本質を映し出して見る者を引きつける点は前作と変わらない。カネが人の価値観を狂わせ、人間関係をぶち壊すのも同じだ。

 とはいえ、前作『ウォール街』が公開されたのはニューヨーク市場の株式大暴落「ブラックマンデー」の数週間後。ウォール街の内幕を描いた作品もまだ登場していなかった当時、『ウォール街』が描いた世界は人々にとって未知の領域だった。

 しかし今では、ウォール街をフィクションで描くハードルは昔より高くなった。ナスダック元会長で巨額詐欺事件の容疑者となったバーナード・マドフの話をしのぐ物語などあり得ないだろう。

「カネの問題じゃない。これは人間同士のゲームなんだ」と、ゲッコーは娘の婚約者である若い投資家ジェイコブ(シャイア・ラブーフ)に言う。しかし実際は、もちろんカネの問題だ。人間同士のゲームにすぎないのなら、ウォール街の人々は大金を稼ぐために友人や株主をだましたりせずに、モノポリーにでも興じるだろう。

 最終的には、『ウォール・ストリート』はウォール街の闇の世界へと落ちていく。現実のウォール街と同じように、この映画には不誠実さとごまかしが蔓延している。それが嘆かれ、ときに許されてしまう世界だ。映画版だけが、カネの亡者たちに生まれ変わる道を開いているが。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英金融・専門サービス部門、上位所得者の女性比率がコ

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

米大統領選、無党派層の景況感が悪化 バイデン氏への

ワールド

中国首相、友好的な中日交流望むと岸田首相に伝達=外
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中