最新記事

海外ドラマ

『ビッグ・ラブ』寛容と秘密のデリケートな関係

モルモン教の内輪の儀式を描いたドラマのシーンに、信者たちはテレビで見せるべきものではないと大反発

2009年4月22日(水)16時30分
ジョシュア・オルストン(エンターテインメント担当)

大反響? ビル・パクストン演じる夫と妻3人を描いたドラマが抗議された理由とは Mario Anzuoni-Reuters

 米ケーブルTV大手HBOの連続ドラマ『ビッグ・ラブ』は、モルモン教伝統の一夫多妻制を実践する家族の物語。とくに話題でもないドラマだが、先ごろ敬虔なモルモン教徒から猛抗議を受けて、にわかに注目を浴びた。

 信者たちが怒ったのは、モルモン神殿での聖なる儀式がドラマに映し出されたため。モルモン教会(正式名称は末日聖徒イエス・キリスト教会)の内部でも選ばれた信者だけで行われる儀式をテレビで「再現」したのは許せないというのだ。

 思い出されるのは、風刺アニメ『サウスパーク』の引き起こした騒動だ。トム・クルーズも信じる新興宗教サイエントロジーの教義の中心に位置するとされる邪悪な存在「ジヌー」に触れたエピソードが大問題になった(ただし一般の信者には、ジヌーなんて知らないという人も少なくない)。

『サウスパーク』では、やはりサイエントロジーをコケにしたエピソードがきっかけで、声優で信者のアイザック・ヘイズ(故人)が降板したこともある。このとき制作サイドは、別な宗教がネタなら喜んで出演料を受け取るのに、自分の信仰への風刺に反発するヘイズの態度は偽善だと非難した。

ドラマで描くのもノー?

 サイエントロジー騒ぎの2年前に、『サウスパーク』はモルモン教の創始者とその教義をネタにしたことがある。モルモン教徒が猛反発したのは当然だ。しかし、今回の『ビッグ・ラブ』への反応は的はずれだ。

 問題の儀式の描写が間違っていると言うなら、抗議は正当化できる。だが問題は、描写の正確さではなく、非公開の儀式を公開した行為自体にあるらしい。どうやらモルモン教にもサイエントロジーにも、聖なる秘義を外部の人間に知られたくない思いは共通しているようだ。

 しかし、人が何かを容認するためには、自分が何を容認しているのかを知っておく必要がある。原則として人は他人の信仰に寛容であるべきだが、たとえば人殺しを奨励するような信仰にまで寛容である必要はない。言い換えれば、異なる信仰の共存には、互いの教義に対する理解が必要なのだ。

 もちろん、宗教に内輪の儀式はつきものだ。しかし信仰の大切さや信者の生活における大きな役割を考えれば、ある宗教に秘密が多ければ多いほど、他の宗教の信者は寛容でありにくくなる。

 テレビがその秘密を暴いたとして、その内容に誤りがあれば信者の怒りを買うは当然だろう。しかし『ビッグ・ラブ』の制作陣はしかるべきアドバイザーを常に現場に立ち会わせたと主張している。問題の儀式が持つ重要な意味合いを承知の上で、できるだけ正確に再現しようとしたのだ。

説得力がある儀式シーン

 聖なる儀式がストーリーとは無関係に描かれたのではないかとモルモン教会が思ったとしたら、心配は無用だ。『ビッグ・ラブ』のその場面を見て筆者は奇異なものだと思ったが、別の宗教儀式を見ても同じ感覚を抱いただろう。それが信仰なのだ。奇妙に感じる部分があっても受け入れる。

 視聴者も多くのことを感じ取ったはずだ。儀式は妻の1人であるバーブにからんで描かれるが、バーブは2シーズン以上にわたるレギュラー。視聴者は彼女についてよく知っている。

 バーブの性格、求めるもの、動機を理解しているからこそ、儀式のシーンにも説得力が加わる。バーブを受け入れているからバーブの信仰も受け入れる。これがテレビの素晴らしいところだ。

 信仰を持つ人間には、宗教的信条を秘密にしておく権利がある。外部の人間はこの秘密に踏み込んではならないというわけではないが、内輪の儀式を再現するときは可能なかぎり正確を期するべきだろう。『ビッグ・ラブ』の製作チームはこの考えに従った。つくり方によってはひどい場面になったかもしれない。

『ビッグ・ラブ』の裏番組のひとつに、聖書に出てくるダビデとゴリアテの戦いを現代に移しかえた派手なドラマがあった。巨人のゴリアテ役はまるで戦車のような風体だったが、史実とは異なると抗議する人はいなかった。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 4

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 5

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 6

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 7

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 10

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月