ジョージアはロシアに飲み込まれるのか
マドンナの娘が「マドンナ・ルック」を披露
ポップカルチャー

顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

2024.06.15
映画『アプレンティス』 セバスチャン・スタン演じるトランプ
映画

トランプ伝記映画レビュー レイプ、脂肪吸引、テレビ取材...「本人が激怒しそうなシーン」

2024.06.15
スマートセルを中心にしたバイオエコノミーのイメージ図
SDGs

人工微生物「スマートセル」でサステナブルなものづくりを切り開け ! 「バイオものづくり」は温暖化対策と持続可能な経済成長の二兎を追う

2024.06.03 PR
第134回:ミャンマー言いたい砲台ラヂオ放送後記【World Voice特別出張編】
ブログ

第134回:ミャンマー言いたい砲台ラヂオ放送後記【World Voice特別出張編】

2024.06.14
元暦校本万葉集
シリーズ日本再発見

なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』は試行錯誤の場ではなかった

2024.06.15
ヘンリー王子とメーガン妃
ファッション

メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛される理由とは

2024.06.15
ウクライナの自爆ドローン攻撃
ウクライナ戦争

この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

2024.06.14
水着写真が炎上したココ・オースティン
SNS

米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎる」と大炎上 「なぜ幼い少女の胸に谷間!?」

2024.06.14
国山ハセン『アタマがよくなる「対話力」』
コミュニケーション

相手の「本音」を引き出すための、たった1つの質問とは? 国山ハセンさんが身につけた「対話」の力

2024.06.14
ウクライナHIMARSがロシア軍部隊を攻撃
ウクライナ情勢

森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

2024.06.14
映画『チャレンジャーズ』
映画

最後は「ボールの行方」から目が離せないはず...映画『チャレンジャーズ』が描く「スポーツとエロス」

2024.06.14
(左から時計回りに)ウィリー・ダーデンは最期 を見届けてくれと言った/フィリップ・ワークマン(左)と筆者/電気椅子の操作スイッチ FOREFRONT BOOKS
死刑制度

「彼女が言うんだ。もう大丈夫だって」優しく哀しい死刑囚が見た夢

2024.06.14
アリス・マンロー
文学

「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女王」アリス・マンローは「大人のための文学作品」を書き続けた

2024.06.14
チャペル・ローン
プライド月間

断って正解? 「自由の女神」姿の米人気歌手が拒否した「バイデンの誘い」

2024.06.14
イバンカ・トランプ
セレブ

「上品」「ホット」人気リアリティ番組出演で話題のイバンカ・トランプ、水着姿で投げキス披露 投稿に「日本人詩人」の詩も

2024.06.14
【米中覇権争い】アメリカの足元「戦略の要衝」カリブ海でも高まる中国のプレゼンス
カリブ海

【米中覇権争い】アメリカの「戦略的要衝」カリブ海でも高まる中国の影響力、「キューバ危機」の再来も!?

2024.06.14
テスラのイーロン・マスク
EV

一部の反対意見の中、イーロン・マスクの史上最高「560億ドル」報酬案を承認したテスラ株主

2024.06.14
モデルナの次世代新型コロナウイルスワクチン
新型コロナウイルス

モデルナの次世代コロナワクチン、有効性は「スパイクバックスに劣らない」と発表

2024.06.14
アダム・ドライバー主演映画『フェラーリ』観賞券(ムビチケ)2組4名様プレゼント
映画

アダム・ドライバー主演映画『フェラーリ』観賞券(ムビチケ)2組4名様プレゼント

2024.05.29 PR
イタリアの移民法令は茶番。メローニ首相が欠陥を認め法律を変える
ブログ

イタリアの移民法令は茶番。メローニ首相が欠陥を認め法律を変える

2024.06.13
コラム
河東哲夫

ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

2024.06.15 
村上尚己

FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

2024.06.14 
六辻彰二

欧州議会選挙で極右政党がかつてない躍進──EUが恐れる3つの悪影響

2024.06.14 
茜 灯里

「ベートーベン鉛中毒説」がより精密に根拠付けられる 「梅毒にかかっていた」疑惑についても進展あり?

2024.06.13 
まつもとたくお

出演者がみずから歌う韓国ドラマソングの美学 ポイントは「オーソドックスなアレンジ」

2024.06.13 
大場正明

環境活動ラディカル派の葛藤、パイプラインを爆破しようとする『HOW TO BLOW UP』

2024.06.13 
外国人リレーコラム

日本人の「自由」へのこだわりとは?...ジョージア大使が考える「共通点」と「相違点」

2024.06.13 
風刺画で読み解く中国の現実

「抗日神劇」に代わって中国で流行る「覇道総裁劇」って?

2024.06.13 
加谷珪一

新築マンションに荷さばき場「義務化」議論...これまでの「間違った規制緩和」からの転換は正しい

2024.06.13 
湯川鶴章

AppleとOpenAIの提携は何を意味するのか

2024.06.13 
一田和樹

中国が台湾併合する非軍事シナリオを米シンクタンクが公開......日本が核武装?

2024.06.12
木村正人

欧州政治 もはや「極右」の拡大と、権力への接近は止められない...現実路線と過激化の不協和音も

2024.06.12
冷泉彰彦

加速するAI実用化、日本がやるべきことは?

2024.06.12
パックン(パトリック・ハーラン)

謎のステルス増税「森林税」がやっぱり道理に合わない理由

2024.06.11
グレン・カール

バイデン放蕩息子の「ウクライナ」「麻薬」「脱税」「違法銃購入」疑惑は何がどれだけ本当にヤバいのか?

2024.06.11
曽我太一

イスラエルに根付く「被害者意識」は、なぜ国際社会と大きくかけ離れているのか?

2024.06.10
クマル・リテシュ

ディープフェイクによる「偽情報」に注意を...各国で、選挙の妨害を狙った「サイバー工作」が多発

2024.06.08
Youtube
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

Youtube