最新記事
DE&I

障がいのある人に、「アートの力」で自信と生きる道を──ものづくりブランド「fa」の挑戦

PR

2023年11月15日(水)10時00分
写真:遠藤宏 文:一ノ瀬伸
ライフスタイルブランド「fa」の西村史彦氏

「GENIUS」のアーティストのデザインが採用された「fa」の商品について説明する西村史彦氏

<アートなら、もっと輝ける人がいる...。障がいを抱える人たちが描いたデザインを商品化し、彼らに自信と生きる道を提示する「fa」の思いに迫る>

印象的なビジュアルがデザインされたアパレルや日用品を手がける「fa(ファア)」。そのユニークなアートはどうやって生み出されているのだろうか? ハンデを超えて強みや個性を発揮するアーティストたちが集まる佐賀市内のアトリエを訪ねた。

「障がい」「福祉」を語らない理由

「アートを使う、アートと暮らす。」をコンセプトとして、2020年に立ち上がったライフスタイルブランド「fa(ファア)」。独創的で目を引くデザインのイラストが入ったTシャツやキャップ、マグカップ、クッションなどを制作している。

商品にあしらわれるアートは、佐賀市内のアトリエで生み出されている。そのアトリエとは、就労継続支援B型事業所「GENIUS(ジーニアス)」。知的障がいや精神疾患などのある利用者たちが日々、制作活動を行なっている。彼らは、作品制作や仲間との交流を通じて就労訓練を行なうともに、個々人で作品をつくるアーティストだ。

就労継続支援B型事業所「GENIUS」のアトリエ内部

アトリエで思い思いの作品作りに没頭する「GENIUS」のアーティストたち

「fa」のそうした制作の背景を知らないまま、ただ商品を気に入って購入したという人も少なくないはずだ。というのも、「fa」のオンラインストアやSNSなどでは、これらのデザインが障がいのある人によるアートだと積極的には語っていないからだ。

「ブランドでは、障がいも福祉もあまり表に出していません。障がいというタグづけで見るのではなくて、まず純粋に作品自体を見ていただきたい。そのデザインやアートそのものを素敵だなと思ってもらうことを入り口にして、そのうえでアーティストのキャラクターを知ってもらいたいと考えているんです」

「GENIUS」を運営する「すみなす」代表の西村史彦氏(37歳)はそう語る。

アートに障がいも障壁もない

西村氏によって「fa」や「GENIUS」が始動した背景を説明するには、西村氏自身の半生を少しさかのぼる必要があるだろう。佐賀市で生まれ育った西村氏は、自身も「表現」と切り離せない日々を送ってきた。

子どもの頃から絵を描くことが好きで、高校時代には仲間とバンド活動に明け暮れた。大学の芸術学部に進学するもすぐに中退。5年ほどの会社員生活を経て、20代半ばにはカナダへと渡ってレゲエを歌った。「ものごとが続かなくて、上手に生きられないなと思うことがありました」と西村氏は振り返る。

カナダから帰国後に、母親が経営する高齢者介護施設で働き始めて福祉との関わりを持ち約8年間勤務。その間に結婚し、授かった長男は足に生まれながらの障がいがあった。街中で見かけた障がいのあるアーティストの作品に深く感動したのもその頃だった。「これまでの経験がバチッとかみ合ったように感じました」と障がい者就労支援事業を起こし、「『生きづらさ』を『おもしろさ』に転換する」というビジョンを掲げた。

ニュース速報

ビジネス

BNP、アジア株事業強化計画 モーニングスターとの

ワールド

中国、豪州産ワイン関税見直しへ

ワールド

インタビュー:デフレ脱却「宣言する状況にない」=公

ワールド

前原氏ら国民民主に離党届、新党「教育無償化を実現す
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
特集:まだ間に合う 新NISA投資入門
2023年12月 5日号(11/28発売)

インフレが迫り、貯蓄だけでもう資産は守れない。「投資新時代」のサバイバル術

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「大谷翔平の犬」コーイケルホンディエに隠された深い意味

  • 2

    米空軍の最新鋭ステルス爆撃機「B-21レイダー」は中国の次世代超音速ミサイルにかなわない?

  • 3

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

  • 4

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 5

    なぜアメリカは今、ウクライナのために「敗戦」を望…

  • 6

    ミャンマー分裂?内戦拡大で中国が軍事介入の構え

  • 7

    ヨーロッパに「鉄のカーテン」が復活──ロシアの新種…

  • 8

    「超兵器」ウクライナ自爆ドローンを相手に、「シャ…

  • 9

    1日平均1万3000人? 中国北部で「子供の肺炎」急増の…

  • 10

    「朝ごはんを、こども食堂で」 子どもの朝食欠食、…

  • 1

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破壊する瞬間

  • 2

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不意打ちだった」露運輸相

  • 3

    「超兵器」ウクライナ自爆ドローンを相手に、「シャベル1本」で立ち向かうロシア兵の映像が注目集める

  • 4

    「大谷翔平の犬」コーイケルホンディエに隠された深…

  • 5

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 6

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

  • 7

    ヨーロッパに「鉄のカーテン」が復活──ロシアの新種…

  • 8

    米空軍の最新鋭ステルス爆撃機「B-21レイダー」は中…

  • 9

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「…

  • 10

    「なぜ隠さなければならないのか?」...リリー=ロー…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    「アルツハイマー型認知症は腸内細菌を通じて伝染する」とラット実験で実証される

  • 4

    戦闘動画がハリウッドを超えた?早朝のアウディーイ…

  • 5

    リフォーム中のTikToker、壁紙を剥がしたら「隠し扉…

  • 6

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破…

  • 7

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 8

    <動画>ウクライナ軍ドローンが、「奪還」したドニ…

  • 9

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 10

    また撃破!ウクライナにとってロシア黒海艦隊が最重…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中