最新記事

コンプライアンス

米J&J、発がん訴訟のタルク入りベビーパウダーを世界で来年販売終了へ

2022年8月12日(金)17時18分

米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、タルク(滑石)を原料に含むベビーパウダーの販売を全世界で来年に終了すると発表した。写真はニューヨークのドラッグストアで2015年10月撮影(2022年 ロイター/Lucas Jackson )

米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は11日、タルク(滑石)を原料に含むベビーパウダーの販売を全世界で来年に終了すると発表した。世界的な商品群見直しの一環とした。

J&Jは、同製品が長年の科学的な試験や規制当局の承認を経ており、安全で発がん性物質アスベストは含んでいないとのこれまでの主張を改めて繰り返した。

同製品を巡っては発がん性を巡る訴訟が相次ぎ、米国とカナダでは既に2年前に需要の落ち込みを理由に販売を終了。J&Jは昨年10月、子会社を分離して同製品の発がん性訴訟を引き継がせた上で、ただちにこの会社を破産させ、各種の訴訟手続きは中断した状態になっている。

J&Jは、来年からはベビーパウダー製品を、コーンスターチを原料とする製品に一本化するとした。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2022トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング