最新記事

アメリカ経済

米株押し上げる「コロナワクチン期待」 治験最終段階で楽観論は正念場へ

2020年9月25日(金)16時41分

今年の米株式市場では、新型コロナウイルスのパンデミックがワクチンの開発で終息に向かうとの楽観的な見方が、持ち直しの主な要因となってきた。写真はニューヨーク証券取引所で21日撮影(2020年 ロイター/Andrew Kelly )

今年の米株式市場では、新型コロナウイルスのパンデミックがワクチンの開発で終息に向かうとの楽観的な見方が、持ち直しの主な要因となってきた。しかし、開発中のワクチンは効果を確認する重要な試験を控えており、楽観論は今後数週間が正念場となりそうだ。

UBSによると、米株式市場における5月以来の上昇分の約40%が、新型コロナワクチン開発への期待による部分だった。

世界中で進むワクチン開発の取り組みはヤマ場を迎えつつあり、ファイザーやモデルナは、早ければ10月か11月に臨床試験(治験)の最終データがまとまる見込み。米株式市場はこのところ、追加経済対策の遅れや米大統領選を巡る先行き不透明感などへの懸念から不安定になっており、ワクチンの臨床試験結果が失望を誘う内容なら、さらに動揺が大きくなりかねない。

グリーンウッド・キャピタルの最高投資責任者(CIO)、ウォルター・トッド氏は「ワクチンは効果を持つという前提に立っている。だから、これに反する材料はどんなものでも、市場にとってリスクになるだろう」と述べた。

ワクチンはいくつも開発作業が進められているため、どこか1つの開発が頓挫しても市場への打撃は小さくて済みそうだ。世界保健機関(WHO)によると、現在臨床試験が行われているワクチンは世界全体では30件余りで、このうち6件程度が最終試験の段階にある。

BNYメロン・インベストメント・マネジメントの市場戦略部門のディレクター、リズ・ヤング氏は「壁にたくさんのスパゲッティを投げ付けて、1本でも引っかかればいいという感じで成功を目指している」と話した。

アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発しているワクチンが、治験参加者に副作用が表れていったん臨床試験を停止したにもかかわらず、株式市場の反応が全体的に鈍かったのはこのためだろう。このワクチンは英国、ブラジル、南アフリカで臨床試験を再開したが、米国では止まったままだ。

ワクチンの普及時期については、以前より悲観的な予想も出ている。公開情報に基づいてワクチンの普及時期を予想しているグッド・ジャッジメントによると、来年3月末までに米国でワクチンが幅広く供給される確率は足元で54%となっており、7月初旬の20%弱から上がったが、9月初旬の70%強からは下がった。

ファイザーとモデルナはデータの初期的な分析に基づき、10月か11月に臨床試験の当初結果を公表する可能性があり、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、ノババックスなどがこれに続きそうだ。

ニュース速報

ビジネス

小売業販売、9月はコロナ禍続き8.7%減 基調判断

ビジネス

米ボーイング4四半期連続の赤字、追加人員削減へ 

ビジネス

ペトロブラス、第3四半期は予想外の赤字 特別費用の

ビジネス

サムスン電子、第3四半期は59%営業増益 第4四半

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 10

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月