最新記事

G20

G20大阪サミット、トランプが貿易を最優先に議論 中国首脳は保護主義批判

2019年6月28日(金)15時25分

トランプ米大統領は、大阪で開幕した20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で貿易を最優先課題として議論する姿勢を鮮明にした。写真は大阪で撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

トランプ米大統領は28日、大阪で開幕した20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で貿易を最優先課題として議論する姿勢を鮮明にした。一方、中国首脳は保護主義の拡大を批判し、インドとロシアは多国間の通商ルールを擁護した。

トランプ大統領は安倍晋三首相とインドのモディ首相との個別会談を前に、貿易を議論すると強調。数日前には日米安保条約を批判し、インドが発動した米国製品への報復関税の撤回を求めていた。

モディ首相との会談の冒頭では「非常に大きな通商合意」を発表することになると述べた。また、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の問題も提起すると語った。

「ファーウェイには現実として米国が多くの部品を販売している。そのことやインドがどのように関係してくるかについて議論する」とした。

ホワイトハウスの当局者は、次世代通信網からファーウェイを排除するよう同盟国に呼び掛ける米政府の方針を念頭に、トランプ氏は安倍首相とモディ首相に「耐性のある安全なインフラ」を推す考えだと説明した。

一方、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は記者会見で、米中の通商関係は「困難」な状況にあり、「世界経済の減速につながっている」との見方を示した。

中国の習近平国家主席は、一部の先進国が取る保護主義的措置を批判。G20サミットに合わせて開かれたBRICs首脳会合で「このすべてが世界の貿易秩序を破壊している。また、われわれの国々の共通の利益に影響を及ぼし、世界規模で平和と安定に影を投げかけている」と強調した。

WTOを擁護

BRICs首脳会合でモディ首相は多国間の枠組みである世界貿易機関(WTO)の改革に注力するよう呼びかけ、ロシアのプーチン大統領はWTOの「廃止や役割低下に向けた試みは非生産的だと考えている」と訴えた。

プーチン氏は世界経済は懸念すべき状況にあり、世界の貿易は「保護主義と政治的な動機に基づく制約」の影響を受けているとの認識を示した。

トランプ氏は安倍首相との会談の冒頭でも貿易に言及。「多くの議題について話し合い、貿易についてもたくさん議論することになる」と述べた。

また、日系自動車メーカーがミシガン、オハイオ州などで事業を展開していることについて謝意を表明した。

トランプ氏は日本による米国製の防衛装備品の購入を取り上げる考えを示したが、会談後の日本側の説明によると、実際は議論されなかった。

安倍首相は会談の冒頭で、3カ月連続の首脳会談が強固な日米同盟の証であると強調した。

茂木敏充経済再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は28日午後、大阪で閣僚級の貿易交渉を行う。

トランプ大統領はドイツのメルケル首相との会談を前に記者団に対し、メルケル氏は「私の素晴らしい友人だ」と述べ、両国間の貿易を高く評価した。

[大阪 28日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

20201006issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月6日号(9月29日発売)は「感染症vs国家」特集。新型コロナに最も正しく対応した国は? 各国の成功例と失敗例に学ぶ。

ニュース速報

ビジネス

8月新設住宅着工戸数は前年比9.1%減=国交省

ワールド

米大統領選討論会、トランプ氏は白人至上主義者の糾弾

ワールド

インドネシア議会、来年度予算案を承認 景気支援と財

ワールド

米大統領選討論会、コロナ対応や最高裁判事人事で激論

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月